広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 情報メディア教育研究センター
講義コード 82040001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 計算機システムとコンピュータネットワーク
授業科目名
(フリガナ)
ケイサンキシステムトコンピュータネットワーク
英文授業科目名 Computer System and Network
担当教員名 近堂 徹
担当教員名
(フリガナ)
コンドウ トオル
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 火9-10:メディア本館セミナー
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心(ディスカッションやPCを用いた演習を含む) 
単位 2 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 25 : 情報科学
対象学生 情報メディア特定プログラムの履修者
授業のキーワード 通信プロトコル、計算機システム、クラウドコンピューティング、運用技術 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
情報化社会においてコンピュータとネットワークが担う役割はますます大きくなってきています。この科目では、計算機システムやそれらを繋ぐネットワーク通信への理解を深めながら、日々発達している様々なネットワーク技術に触れることで、生活の中に浸透しているコンピュータネットワークの重要性について考えます。 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 計算機システムをネットワーク接続するために必要な、IPアドレスやルーティング、各種通信プロトコル等の基本的な技術に関する講義や実習を通じて、ネットワーク技術の理解力向上を目指します。また、これらの基本的技術を踏まえたうえで、分散システムやクラウドコンピューティング技術などについての理解を深めます。授業は対話形式で進めながら、随時実習を取り入れて行います。 
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 コンピュータネットワークの歴史
第3回 通信プロトコルの役割
第4回 インターネット層プロトコル1 IPアドレス, ARP
第5回 インターネット層プロトコル2 ICMP, DHCP
第6回 ルーティングの基本
第7回 トランスポート層プロトコル1 TCP
第8回 トランスポート層プロトコル2 UDPなど
第9回 アプリケーション層プロトコル1 DNS, WWW
第10回 アプリケーション層プロトコル2 マルチメディア通信
第11回 分散処理とウェブサービス
第12回 クラウドコンピューティング1(要素技術)
第13回 クラウドコンピューティング2(様々なサービス)
第14回 コンピュータネットワークのこれから
第15回 まとめ

毎回の授業終了後に小問題を出し、学期中に数回のレポート課題を実施します。また、講義の中で一部コンピュータを利用した演習(実習)を実施する予定です。 
教科書・参考書等 講義においては必要最低限の資料は用意し、講義中に配布します。 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料、実習用PCコンピュータ(必携パソコン、もしくは教員が準備) 
予習・復習への
アドバイス
本コースにおける「プログラミング基礎」および「データ構造とアルゴリズム」で実施された内容を中心に、これまで本コースで実施された他の授業内容を十分に復習しておくことをお勧めします。また、日頃から自身が利用するインターネット上のウェブサービスや、そこで使われる技術について意識してみて欲しいと思います。 
履修上の注意
受講条件等
本講義は情報メディア教育研究センター教育特定プログラム「コンピュータサイエンス・コース」に登録している学生を対象にしたものですが、計算機システムやネットワークに興味のある学生の受講も認めています。ぜひこの分野について学んでみたい人は積極的に受講してください。 
成績評価の基準等 レポート課題(50%)、講義中の質疑応答・実習内容(40%)、出席(10%)により行います。 
メッセージ 授業は学生の皆さんと積極的に対話し、理解・進捗状況を考慮しながら進めたいと思います。定員に余裕のある場合は、該当特定プログラムに登録していない学生の受講も歓迎します。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ