広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 工学研究科博士課程前期
講義コード U8160101 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 最適設計特論
授業科目名
(フリガナ)
サイテキセッケイトクロン
英文授業科目名 Advanced Optimal Design
担当教員名 竹澤 晃弘
担当教員名
(フリガナ)
タケザワ アキヒロ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 金3-4:工105
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、演習中心、板書多用 
単位 2 週時間   使用言語 E : 英語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 25 : 総合工学
対象学生 工学研究科 輸送・環境システム専攻
授業のキーワード 最適設計,数理計画法,数値計算 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 近年,計算機や商用ソフトウェアの発達により,製造業における設計現場等で最適化法の使用機会が増加している.本講義では,受講生が研究や就職後の業務において最適化法を確固たる理解の下に効果的に使用できるよう,その基礎理論について講義する. 
授業計画 最適化法活用事例の紹介,プログラミングの基礎
問題の凸性について
最適性基準について
按点定理,KKT条件,双対性
線形計画法(その1):線形最適化問題の定義
線形計画法(その2):シンプレックス法
非線形無制約問題に対する勾配法(その1):最急降下法など
非線形無制約問題に対する勾配法(その2):ニュートン法など
非線形制約付き問題に対する勾配法(その1):間接法
非線形制約付き問題に対する勾配法(その2):直接法
構造最適化におけるモデリング法
メタモデリング(応答曲面法)の基礎
メタモデリング(応答曲面法)の応用
構造最適化の応用事例
構造最適化の応用事例

適宜レポート課題を実施する. 
教科書・参考書等 和書:
数理計画法による最適化,北村充(著),森北出版.
MATLAB/Scilabで理解する数値計算,桜井鉄也 (著),東京大学出版会
洋書:
Applied Optimization with MATLAB Programming,P. Venkataraman(著) 
授業で使用する
メディア・機器等
パソコンを用いた実習を行なうため,各自が自由に使用できるノートPC(Windowsが基本, Macの場合は自己責任)を準備すること. 
予習・復習への
アドバイス
最適化理論は難解と思われがちだが,簡単な問題を実際にプログラミングして解くことで,容易に直感的に理解できるようになる.そのため,プログラミング課題はしっかりと取り組んで欲しい. 
履修上の注意
受講条件等
工学部第四類の「システム設計工学」の単位,または,同等な知識を有していることを前提として授業する.
なお,アルゴリズム学習は講義で行うが,課題に必要なプログラミング文法に関しては自習を求める.
そのため,プログラミングの基礎が身についていない学生は課題遂行に相当な時間がかかると予想される.
場合によっては自分の研究に支障をきたす恐れもあるので,よく考えて受講されたい. 
成績評価の基準等 授業への取り組み状況及びレポートで評価する. 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ