広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 社会科学研究科博士課程後期社会経済システム専攻
講義コード P5188251 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 社会経済システム特別演習(二村)
授業科目名
(フリガナ)
シャカイケイザイシステムトクベツエンシュウ(フタムラ)
英文授業科目名 Special Seminar in Socio-Economic Studies
担当教員名 二村 博司
担当教員名
(フリガナ)
フタムラ ヒロシ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 金1-2
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、板書多用、ディスカッション、学生の発表。 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 7 : 大学院発展的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 24 : 経済学
対象学生 財政学を学ぶ大学院生。
授業のキーワード ・財政学
・効率性
・公平性
・公共財
・外部効果
・市場の失敗
・政府の失敗 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
経済分析プログラムの必修科目。 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 この授業では、財政学を専攻する学生を対象とした博士論文の作成指導を行います。目標は経済政策の理論的分析能力を習得したうえで、各自パソコンを用いて、経済政策の効果の数量分析を行うことです。なお特別演習は前期分と後期分を別々に履修することが可能ですが、受講者は両方とも履修することを勧めます。 
授業計画 受講者による課題報告です。報告の順番は受講者の数に応じて決めます。
受講者は大学院修士課程レベルの「ミクロ経済学」、「マクロ経済学」、および「財政学」の内容を再確認しておくこと。 
教科書・参考書等 教科書は受講者の興味と背景に応じて、適宜指定する。参考書として、次の3冊を用いる。
(1) Acemoglu, D., Introduction to Modern Economic Growth. Princeton University Press, 2009.
(2) Aghion, P., and P. Howitt, The Economics of Growth. MIT Press, 2009.
(3) Aghion, P., and S. Durlauf, eds., Handbook of Economic Growth, Vol 2A and 2B, Nort-Holland, 2014. 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,映像(ビデオ/PC/その他画像資料)。 
予習・復習への
アドバイス
第1回 公共部門(政府)による、民間経済への介入が必要となる状況を整理しましょう。
第2回 統計データの出典と定義を憶えおきましょう。
第3回 「効率性」と「公平性」のトレードオフは何故生じるかを理解しましょう。
第4回 ミクロ経済学「消費者の理論」を復習しておきましょう。
第5回 ミクロ経済学「生産者の理論」を復習しておきましょう。
第6回 グラフを用いた社会的余剰の分析について理解しましょう。
第7回 社会的余剰の損失が生じる具体例です。
第8回 授業前半のまとめ。
第9回 民間部門で「公共財」を自発的に供給することが難しい理由について考えましょう。
第10回 「公共財」と「私的財」最適な組合せと、これを実現する方法を理解しましょう。
第11回 ミクロ経済分析の前提である「市場が存在する」という仮定を外すとどうなるかを理解することが重要なポイントです。
第12回 「コースの定理」が当てはまるケースと当てはまらないケースを、具体的に考えてみましょう。
第13回 「社会保障制度」のデザインにおける、「受益」と「負担」のバランスを考えることが重要なポイントです。
第14回 「公共政策の費用と便益を計る」ことと、「民間の経済活動の費用と便益を計る」ことの違いを理解しましょう。
第15回 公的資源配分に関わるグループの、各々が持つインセンティブを理解することが重要なポイントです。 
履修上の注意
受講条件等
原則として、財政学専攻の学生に限る。それ以外の受講希望者は、ミクロ経済学の基礎知識を有することが望ましい。 
成績評価の基準等 博士論文研究の進展度合いを参考として成績評価を行う。 
メッセージ 現実の経済・社会問題を解くための「マニュアル的方法」はありませんが、理論を応用することが助けになると思います。
「積極的に考える能力」を養って下さい。 
その他 受講者は大学院修士課程レベルの「ミクロ経済学」、「マクロ経済学」、および「財政学」の内容を再確認しておくこと。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ