広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 社会科学研究科博士課程前期社会経済システム専攻
講義コード P5002256 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 特別研究(鈴木)
授業科目名
(フリガナ)
トクベツケンキュウ(スズキ)
英文授業科目名 Special Topics
担当教員名 鈴木 喜久
担当教員名
(フリガナ)
スズキ ヨシヒサ
開講キャンパス 東千田 開設期 1年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 金11-12:東千田第4演習室
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
講義・演習並存 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 24 : 経済学
対象学生 M1
授業のキーワード ポートフォリオ理論、資産選択、資産価格理論、資本コスト 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 ポートフォリオ理論を学ぶ。本講義の目的は、さまざまな状況に応じて資本コストを推計するというきわめて現実的な目標を掲げ、その基礎として必要な資産価格決定理論、資産選択理論を掘り下げて理解し、また実際にデータを扱って『推計』を行う際に用いる各種モデルの理論的構造の理解の上に実証的手法を修得することである。 
授業計画 1. The nature of portfolio theory and asset pricing
2. Security markets
3. Efficient markets, investment value, and market price
4. Portfolio selection problem
5. Portfoli analysis
6. Riskless borrowing and lending
7. The Capital Asset Pricing Model
8. Factor model
9. Arbtrage priceng theory
10. Fixed-Income securities
11. Bond analysis
12. Bond portfolio management
13. Financial analysis
14. Investment management
15. Portfolio performance valuation 
教科書・参考書等 講義形式(講義中心、講義のレジュメ有)
テキスト:マイケル・エアハルト著『資本コストの理論と実務』東洋経済新報社2001年
     デービッド・ルーエンバーガー著『金融工学入門』日本経済新聞社2002年
 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
開講時に説明する。 
履修上の注意
受講条件等
ファイナンス・プログラム1年次生必修科目。
講義ノートを配布する予定ではあるが、テキストの熟読が必要である。 
成績評価の基準等 数回の課題(60%)、期末試験(40%)の合計 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ