広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 社会科学研究科博士課程前期法政システム専攻
講義コード PS211712 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 特別研究III
授業科目名
(フリガナ)
トクベツケンキュウ
英文授業科目名 Special Research III
担当教員名 森邊 成一
担当教員名
(フリガナ)
モリベ セイイチ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 月9-10
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、ディスカッション、学生の発表 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 24 : 政治学
対象学生 大学院社会科学研究科博士前期課程2年生
授業のキーワード それぞれの研究テーマに即して 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
修士論文の作成に向けて、具体的な指導を行う。 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等  参加者の関心にあわせて、研究指導を行う。
 学生が設定したテーマについて、分析視角をより鮮明にするため、先ず、先行研究の批判的検討を行う。次に、使用する資料の収集作業について指導する。最後に、修士論文の章立て編成を確定する作業を行う。以上のような修士論文の作成を通じて、自立した専門家としての、分析能力とプレゼンテーション能力を育てる。 
授業計画 各自の研究テーマ、各自の研究の進捗状況に応じて指導する。
第一回 修士論文のテーマについて確認
第二回 修士論文のテーマと章立て編成について検討
第三回 内容についての研究報告と討論
第四回 以下同じ 
教科書・参考書等  演習形式 研究指導
 
授業で使用する
メディア・機器等
 日本語、知恵と勇気、ユーモア 
予習・復習への
アドバイス
 各回に、課題とアドバイスを与える。 
履修上の注意
受講条件等
 個人研究の実施が前提です。 
成績評価の基準等  出席し、口頭報告し、討論に参加する、その内容を総合的に評価する。 
メッセージ  院生のための、各自の研究テーマに即した、オーダーメードの授業です。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ