広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 社会科学研究科博士課程前期法政システム専攻
講義コード PS101612 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 特別研究II
授業科目名
(フリガナ)
トクベツケンキュウ
英文授業科目名 Special Research II
担当教員名 吉中 信人
担当教員名
(フリガナ)
ヨシナカ ノブヒト
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 火7-8
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、ディスカッション、学生の発表 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 24 : 法学
対象学生 M1生
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 前期で明らかになった受講生の問題関心から、修論のテーマを確定し、そのテーマに関する基本的文献を選択し、正確な理解ができるようになることを目標とする。 
授業計画 1.テーマおよび検討文献の選定

2.邦語文献の報告・検討(1)

3.邦語文献の報告・検討(2)




4.邦語文献の報告・検討(3)

5.邦語文献の報告・検討(4)

6.邦語文献の報告・検討(5)

7.外国語文献の報告・検討(1)

8.外国語文献の報告・検討(2)

9.外国語文献の報告・検討(3)

10.外国語文献の報告・検討(4)

11.外国語文献の報告・検討(5)

12.外国語文献の報告・検討(6)

13.修論原案作成指導(1)

14.修論原案作成指導(2)


15.第1回修論中間報告
 
教科書・参考書等 受講生と相談の上決定する 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料 
予習・復習への
アドバイス
1.テーマおよび検討文献の選定
2.邦語文献の報告・検討(1)
3.邦語文献の報告・検討(2)
4.邦語文献の報告・検討(3)
5.邦語文献の報告・検討(4)
6.邦語文献の報告・検討(5)
7.外国語文献の報告・検討(1)
8.外国語文献の報告・検討(2)
9.外国語文献の報告・検討(3)
10.外国語文献の報告・検討(4)
11.外国語文献の報告・検討(5)
12.外国語文献の報告・検討(6)
13.修論原案作成指導(1)
14.修論原案作成指導(2)
15.第1回修論中間報告









 
履修上の注意
受講条件等
後期が始まるまでに修論のテーマを決定しておくこと。 
成績評価の基準等 毎回の出席と報告(100%)による 
メッセージ 刑事法をめぐる議論は、益々高度複雑化しています。早めに準備に取りかかるのが成功する秘訣です。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ