広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 社会科学研究科博士課程前期法政システム専攻
講義コード P0001312 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 政策過程論
授業科目名
(フリガナ)
セイサクカテイロン
英文授業科目名 Policy-making Process
担当教員名 森邊 成一
担当教員名
(フリガナ)
モリベ セイイチ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 月3-4
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
ディスカッション、学生の発表、画像データの表示あり 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 24 : 政治学
対象学生 博士前期課程の学生
授業のキーワード 政治学 旧制高等学校 博覧会の政治学 住民投票 個人発表と討論 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等  この授業では、参加者が自分のテーマをもちより、共同で読む本を決め、その内容を順番に報告し、報告を受けて参加者全員で討論する。それぞれの学生が、自分の専門を踏まえながら、この授業で何を報告するかは、担当教員との話し合いで決める。より詳細な、演習の進め方については、第一回目のガイダンスの回で参加者と相談して決めたい。 
授業計画 第1回 オリエンテーション 自己紹介 
第2回 担当学生による口頭報告
第3回 前回の報告を聞いての参加者による討論
第4回 以下担当者を替え繰り返し。
第5回 同 
第6回 同 
第7回 同 
第8回 同 
第9回 同 
第10回 同
第11回 同 
第12回 同 
第13回 同 
第14回 同 
第15回 まとめ 

口頭報告と内容と、毎回の討論への参加状況に基づいて、総合的に評価する。 
教科書・参考書等  特に指定しない。 
授業で使用する
メディア・機器等
 テキスト,配付資料,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
 口頭報告に当たった回だけではなく、取り上げた本については、各自予習してきて、口頭報告者に、鋭く論争を吹っかけてほしい。 
履修上の注意
受講条件等
 ユーモアを忘れずに 
成績評価の基準等  期末にレポートの提出を求める。また、口頭報告の内容と、毎回の討論への参加状況を総合的に判断して評価する。レポート(50%)+報告・討論(50%) 
メッセージ Slowly but surely! 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ