広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 社会科学研究科博士課程前期マネジメント専攻
講義コード P3012800 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 組織間関係論
授業科目名
(フリガナ)
ソシキカンカンケイロン
英文授業科目名 interorganizational Management
担当教員名 加藤 厚海
担当教員名
(フリガナ)
カトウ アツミ
開講キャンパス 東千田 開設期 1年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 水13-14:東千田第1演習室
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、ディスカッション、学生の発表 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 24 : 経営学
対象学生  
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 この授業の目的は、組織間関係論に関する理論、ネットワーク論を中心とした実証研究を理解することである。主に、ネットワーク論を基礎においた、最新の専門的な学術論文を多数読むことで、実証研究のあり方を学ぶ。 
授業計画 第1回 イントロダクション
第2回 ネットワーク論の基礎
第3回 ネットワーク論の基礎
第4回 ネットワーク論の基礎
第5回 ネットワーク論の基礎
第6回 ネットワーク論の基礎 
第7回 ネットワーク論のレビュー(英語論文) 
第8回 実証研究 Zaheer et al.(2010) ‘It’s the connections: The network perspective in interorganizational research’ Academy of Management Perspective, Vol.24,No.1,62-77.
第9回 実証研究 Sytch and Tatarynowicz(2014) ‘Exploring the locus of invention: The Dynamics of network communities and firms’ invention productivity’ Academy of Manaement Journal,Vol.57,No.1,249-279.
第10回 実証研究 McEvily and Zaheer(1999) ‘Bridging ties: A source of firm heterogeneity in competitive capabilities’, Strategic Management Journal, Vol.20,1133-1156.
第11回 実証研究 Funk(2014) ‘Making the most of where you are: Geography, networks, and innovation in organization’,Academy of Manaement Journal, Vol.57,No.1,193-222.
第12回 実証研究 Soda,Usai and Zaheer(2004) ‘Network Memory: The influence of past and current networks of performance’ Academy of Management Journal, Vol.47,No.6,893-906
第13回 実証研究 Taylor and Greve(2006) ‘Superman or fantastic four? Knowledge combination and experience in innovative teams author(s)’ Academy of Management Journal, Vol.49,No.4, 723-740.
第14回 実証研究 Uzzi(1996)
第15回 事例研究 未定

輪読する論文は変更する可能性があります。英語の論文を多数読むことになるので、高い英語力が求められます。 
教科書・参考書等 教科書「ネットワーク分析」安田雪、新曜社、「ソーシャル・ネットワークと組織のダイナミクス」中野勉、有斐閣 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料 
予習・復習への
アドバイス
事前に課題文献を必ず読んでから出席してください。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 報告75%、議論への参加25% 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ