広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 文学研究科博士課程後期
講義コード M6205124 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 特別研究指導II(欧米文学語学・言語学)
授業科目名
(フリガナ)
トクベツケンキュウシドウニ(オウベイブンガクゴガク・ゲンゴガク)
英文授業科目名 Special Research Tutorial II (British, American, German, and French Language and Literature, and Liguistics)
担当教員名 VALLINS DAVID MCNEILL
担当教員名
(フリガナ)
ヴァリンズ デイヴィッド マクニール
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 木1-2:教員研究室
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
Classes will consist of a regular discussion of each student's research topic and thesis. 
単位 1 週時間   使用言語 E : 英語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 23 : 文学
対象学生  
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 The purpose of the course is for each student to write a thesis on his/her chosen topic.
ー修士論文研究及び作成 
授業計画 第1回
第2回
第3回
第4回
第5回
第6回
第7回
第8回
第9回
第10回
第11回
第12回
第13回
第14回
第15回

I will meet each student regularly to discuss his/her thesis, appropriate primary and secondary reading, and the form in which the thesis should be presented. I will also advise students on their writing and use of English. 
教科書・参考書等 N/A 
授業で使用する
メディア・機器等
No 
予習・復習への
アドバイス
Students should choose a research topic in an area of their own interest, study relevant texts and criticism, and write an original thesis.
ー研究課題を決定し、研究を進めていくこと 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 Students will be assessed on the basis of their completed thesis.
ー完成した修士論文 
メッセージ  
その他 ※詳細は英文(シラバス)を参照 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ