広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 薬学部薬学科
講義コード I7106001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 分析科学実習
授業科目名
(フリガナ)
ブンセキカガクジッシュウ
英文授業科目名 Experiments in Analytical Chemistry
担当教員名 紙谷 浩之,鈴木 哲矢
担当教員名
(フリガナ)
カミヤ ヒロユキ,スズキ テツヤ
開講キャンパス 開設期 2年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 集中
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
実習、薬品使用 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 薬学
対象学生 薬学部薬学科2年生、薬学部薬科学科2年生
授業のキーワード 溶液中の平衡(equilibria in solutions)、錯生成平衡(complex formation equilibria)、クロマトグラフィー(chromatography)、紫外可視分光分析法(UV-VIS spectroscopy)、薬品分析(analyses of medicines) 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
薬学プログラム
(知識・理解)
・基本的な医薬品の薬理作用を化学構造と関連づけて思考する能力●資質⑤ 
授業の目標・概要等 【授業の目標】
1. 水溶液中の化学平衡の基本的考え方を説明でき、錯生成滴定の結果を用いて対象金属イオン濃度を求めることができる。
2. クロマトグラフィーの原理とそれを用いた分析法について説明することができる。
3. 紫外可視分光分析法について説明することができる。
4. 各医薬品の物理的・化学的性質を説明することができる。
【授業の概要】
1. 化学平衡の基本的な考え方・錯生成滴定
2. ゲルろ過・イオン交換クロマトグラフィー
3. 紫外可視分光分析法
4. 医薬品分析 
授業計画 第1回:総論
第2~9回:実験(以下の4項目について2日ずつ実験を行う)
・錯生成滴定(キレート滴定)
・クロマトグラフィー
・分光分析法
・医薬品分析
第10回:まとめ

期限までにレポートを提出すること。 
教科書・参考書等 実習書を配付する。 
授業で使用する
メディア・機器等
実習書 
予習・復習への
アドバイス
化学平衡・錯生成滴定・各種クロマトグラフィー・紫外可視分光分析法を調べ、理解する。各医薬品の物理的・化学的性質に基づき、実習書に記述された事項の意味を理解する。 
履修上の注意
受講条件等
実験の際には、白衣と保護眼鏡を着用する。 
成績評価の基準等 出席状況、実習態度、レポート等の総合成績で判定する。 
メッセージ 授業で習ったことを実際に体験して、理解を深めてほしいと思います。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ