広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 薬学部薬学科
講義コード I7104001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 臨床検査総論・実習
授業科目名
(フリガナ)
リンショウケンサソウロン・ジッシュウ
英文授業科目名 Clinical Teste & Experiments in Clinical Tests
担当教員名 小澤 孝一郎
担当教員名
(フリガナ)
オザワ コウイチロウ
開講キャンパス 開設期 3年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 集中
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
実習中心 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 薬学
対象学生 3年次生
授業のキーワード 分析化学、生体分析化学、臨床分析化学 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 実習を通して、各種の基本的な分析化学的手法や臨床分析化学的手法を経験させ、その原理、利用法、実験・検査上の問題点などを、実践的に身につけさせる。 
授業計画 1.医薬品の定量
   日本薬局方に基づいた医薬品の定量法
2.生体成分分析実習
   生体成分分析における検出・分離法の選択と質量分析
    標準ダンシルアミノ酸の合成とイオン交換クロマトグラフィーによる精製
    未知検体アミノ酸のTLCによる同定  
 3.臨床化学実習1
   HPLCと質量分析法による生体分子の同定
    ドリンク剤の成分分析およびその尿中排泄
   試験紙法による尿検査法
   イムノアッセイによる生体成分分析法(HCGを例に)
 4.臨床化学実習2 
教科書・参考書等 教科書:「薬品分析科学の最前線」(じほう)、「パートナー分析化学Ⅰ・Ⅱ」(南江堂)、
教室で準備した実習テキスト 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
実習テキストを熟読して意義を理解し、予め実習ノートを作成すること。また予習問題を解いておくこと。
実習中は結果について十分な議論・考察を行い、実験記録を完成させること。また復習問題を解いておくこと。 
履修上の注意
受講条件等
臨床検査技師国家試験受験資格の為の必修講義科目の一つである 
成績評価の基準等 実験記録の提出による到達度評価 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ