広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 薬学部薬学科
講義コード I7103001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 臨床実習B
授業科目名
(フリガナ)
リンショウジッシュウB
英文授業科目名 Clerkship in Clinical Pharmacy B
担当教員名 小澤 孝一郎
担当教員名
(フリガナ)
オザワ コウイチロウ
開講キャンパス 開設期 5年次生   前期   通年
曜日・時限・講義室 (通) 集中
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
実習、ロールプレイ、医薬品使用 
単位 10 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 薬学
対象学生 薬学部薬学科5年生
授業のキーワード 病院調剤、医薬品の管理、医薬品情報、病棟業務、患者対応、情報提供、疑義照会、薬剤管理指導業務、院内製剤、薬物モニタリング 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
第4ステップに位置づけられ,内容としては,実務実習モデル・コアカリキュラムの実務実習「病院実習」に該当する到達目標である。 
到達度評価
の評価項目
薬学プログラム
(実践的能力・技能)
・5.医療チームと薬物治療などに関してコミュニーケーションができる能力・技能
・6.医薬品の配合禁忌や不適切な処方に対して、適切な対処ができる能力・技能
・7. 常に患者の存在を念頭におき、医療チームのみならず国民からも信頼される薬剤師となるための能力
(総合的能力・技能)
・2.医療人としての人格形成の自己向上力:薬剤師はヒトの生命にかかわる職業人であることを自覚し、それに相応しい行動・態度。病んでいる人たちのみならず、医療チームの中で他の医療スタッフとコミュニーケーションできる能力・技術 
授業の目標・概要等 授業の到達目標:病院薬剤師の業務と責任を理解し、チーム医療に参画できるようになるために、調剤および製剤、服薬指導などの薬剤師業務に関する基本的知識、技能、態度を修得する。
授業の概要:病院調剤、医薬品の管理、医薬品情報、病棟業務、患者対応、情報提供、疑義照会、薬剤管理指導業務、院内製剤、薬物モニタリングなどについての実習を通して、病院薬剤師に必要な基本的な知識、技能、態度を修得する。 
授業計画 1)病院調剤を実践する。
 (ア)病院調剤業務の全体の流れ
 (イ)計数・計量調剤
 (ウ)注射剤調剤
 (エ)服薬指導
 (オ)安全対策
2)医薬品の管理・供給・保存
 (ア)一般的な医薬品
 (イ)特別な配慮を要する医薬品
 (ウ)情報の入手・評価・加工
 (エ)情報提供
3)医薬品情報管理業務
 (ア)病院での医薬品情報
 (イ)計数・計量調剤と鑑査
4)病棟業務
 (ア)病棟業務の概説
 (イ)医療チームへの参加
 (ウ)薬剤管理指導業務
 (エ)処方支援への関与
5)院内製剤
6)中毒医療
7)医療人としての薬剤師 
教科書・参考書等 教科書:薬剤師の技能(理論まるごと実践へ)、高田充隆編著、京都廣川書店
参考書:今日の治療薬 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
1)清潔な白衣を用意してください。
2)指導薬剤師の指導に従い予習を行い、当該実習の知識、技能、態度の復習をしてください。 
履修上の注意
受講条件等
薬学共用試験に合格しなければ、本実習は受講できません。 
成績評価の基準等 出席態度20点、実習日誌40点、発表20点、実習評価20点の合計100点で判定する。 
メッセージ 指導教員による訪問指導を3回実施します。訪問日などの調整は各自で責任を持って行ってください。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ