広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 薬学部薬学科
講義コード I7080001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 臨床薬理学C
授業科目名
(フリガナ)
リンショウヤクリガクC
英文授業科目名 Clinical Pharmacology C
担当教員名 小澤 孝一郎,吉井 美智子
担当教員名
(フリガナ)
オザワ コウイチロウ,ヨシイ ミチコ
開講キャンパス 開設期 5年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 月1-4:第1講義室(薬)
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
Problem based learning(PBL:問題基盤型学習)形式 
単位 2 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 薬学
対象学生 薬学部薬学科5,6年生
授業のキーワード 病態生理,薬物治療,主作用・副作用,鉄欠乏性貧血,緑内障,狭心症と心筋梗塞 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
第3ステップの疾病と病態に位置づけられ,内容としては,薬学教育モデル・コアカリキュラム,C薬学専門教育,C14薬物治療,(1)身体の変化を知る【症候】【症候と臨床検査値】,(2)疾患と薬物治療(心臓疾患等)【心臓・血管系の疾患】【血液・造血器の疾患】【総合演習】,(4)疾病と薬物治療(精神疾患等)【眼疾患】【総合演習】,C15薬物治療に役立つ情報(2)患者情報【情報と情報源】,(3)テーラーメイド薬物治療を目指して【年齢的要因】【生理的要因】【合併症】【投与計画】に該当する。 
到達度評価
の評価項目
薬学プログラム
(知識・理解)
・4. 様々な臓器に関する主な疾患に対する適切な薬物治療のための基本的知識と理解
(知的能力・技能)
・3. 化学物質の中毒量、標的器官、中毒症状、応急処置法、解毒法を検索できる
・5.薬物の有害作用(副作用)軽減のための対処法を思考する能力・技能
(実践的能力・技能)
・6.医薬品の配合禁忌や不適切な処方に対して、適切な対処ができる能力・技能 
授業の目標・概要等 授業の到達目標:将来,適切な薬物治療に貢献できるようになるために,指定された疾患例について必要な情報を収集し、適切な薬物治療について説明できる。
授業の概要:鉄欠乏性貧血,緑内障,狭心症と心筋梗塞の病態生理及びそれに対する治療薬の薬効,副作用について基礎から臨床応用まで幅広くPBL形式で修得する。 
授業計画 第1回 シナリオ1-課題提示(鉄欠乏性貧血),内容理解のための討論,problem listの作成,学習計画の立案
第2回 自己学習,問題解決に向けての討論(鉄欠乏性貧血)
第3回 自己学習,問題解決に向けての討論,まとめと発表準備(鉄欠乏性貧血)
第4回 シナリオ1の発表、全体討論
第5回 シナリオ2-課題提示(緑内障),内容理解のための討論,problem listの作成,学習計画の立案
第6回 自己学習,問題解決に向けての討論(緑内障)
第7回 自己学習(,問題解決に向けての討論,まとめと発表準備緑内障)
第8回 シナリオ2の発表、全体討論
第9回 シナリオ3-課題提示(狭心症と心筋梗塞),内容理解のための討論,problem listの作成,学習計画の立案
第10回 自己学習,問題解決に向けての討論(狭心症)
第11回 自己学習,問題解決に向けての討論(狭心症),まとめ(狭心症)
第12回 自己学習,問題解決に向けての討論(心筋梗塞)
第13回 自己学習,問題解決に向けての討論(心筋梗塞),まとめ(心筋梗塞)
第14回 問題解決に向けての討論(狭心症と心筋梗塞),まとめと発表準備(狭心症と心筋梗塞)
第15回 シナリオ3の発表、全体討論

学習サマリー,試験 
教科書・参考書等 テキストとしてプリントを配布します。
参考書:今日の治療薬(南江堂),わかりやすい内科学(文光堂),知っておきたい病気100(日本薬学会編) 
授業で使用する
メディア・機器等
配布資料,パワーポイント等 
予習・復習への
アドバイス
第1回 シナリオ1-課題提示(鉄欠乏性貧血),内容理解のための討論,problem listの作成,学習計画の立案を踏まえて,自己学習を行って下さい。
第2回 自己学習した成果を持ち寄ってグループで討議しますので,事前にまとめておいて下さい。新たに見出された問題点を自己学習して下さい。
第3回 自己学習した成果を持ち寄ってグループで発表に向けてまとめますので,事前に自己学習の成果を整理しておいて下さい。発表準備の準備をして下さい。
第4回 予習として発表の準備を行い,復習として全体討論から得られた問題点を自己学習して下さい。 
第5回 シナリオ2-課題提示(緑内障),内容理解のための討論,problem listの作成,学習計画の立案を踏まえて,自己学習を行って下さい。
第6回 自己学習した成果を持ち寄ってグループで討議しますので,事前にまとめておいて下さい。新たに見出された問題点を自己学習して下さい。
第7回 自己学習した成果を持ち寄ってグループで発表に向けてまとめますので,事前に自己学習の成果を整理しておいて下さい。発表準備の準備をして下さい。
第8回 予習として発表の準備を行い,復習として全体討論から得られた問題点を自己学習して下さい。
第9回 シナリオ3-課題提示(狭心症と心筋梗塞),内容理解のための討論,problem listの作成,学習計画の立案を踏まえて,自己学習を行って下さい。
第10回 狭心症について自己学習した成果を持ち寄ってグループで討議しますので,事前にまとめておいて下さい。新たに見出された問題点を自己学習して下さい。
第11回 狭心症について自己学習した成果を持ち寄ってグループで発表に向けてまとめますので,事前に自己学習の成果を整理しておいて下さい。
第12回 心筋梗塞について自己学習した成果を持ち寄ってグループで討議しますので,事前にまとめておいて下さい。新たに見出された問題点を自己学習して下さい。
第13回 心筋梗塞について自己学習した成果を持ち寄ってグループで発表に向けてまとめますので,事前に自己 
履修上の注意
受講条件等
各自責任をもって調査・学習すること。 
成績評価の基準等 出席状況(15点),態度(学習・発表)(25点),テスト(60点)の合計100点で評価する。 
メッセージ 遅刻をしないこと。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ