広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 薬学部薬学科
講義コード I7057001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 有機化学III
授業科目名
(フリガナ)
ユウキカガク3
英文授業科目名 Organic Chemistry III
担当教員名 熊本 卓哉
担当教員名
(フリガナ)
クマモト タクヤ
開講キャンパス 開設期 3年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 火3-4:第3講義室(薬)
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 薬学
対象学生 3年次学生
授業のキーワード 基礎有機化学,構造,反応,合成 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
薬学プログラム
(知識・理解)
・医薬品や無機・有機化合物の基本構造、物理的性質、反応性などの基本的知識と理解●資質⑤
(能力・技能)
・入手容易な化合物を出発物質として、医薬品を含め目的化合物への化学変換するための有機合成ができる。●資質⑤

薬科学プログラム
(知識・理解)
・医薬品を含む化学物質に関する知識
(能力・技能)
・医薬品を含む化学物質に関する知識の展開(応用) 
授業の目標・概要等 本講義と2年生の「有機化学I, II」,および3年生後期の「有機化学IV」の合計4コマの講義により基礎有機化学を修得する.
有機化学の基本的な概念・原理を理解することにより,膨大な量の有機化学反応を記憶することなく理解できるようになる. 
授業計画 第1回 非局在化したπ電子系:アリル系
第2回 非局在化したπ電子系:共役ジエン
第3回 Diels-Alder反応
第4回 電子環状反応,環状ポリエンと芳香族性
第5回 芳香族求電子置換反応
第6回 ベンゼン誘導体への求電子攻撃
第7回 復習
第8回 中間試験
第9回  アルデヒドとケトン (1)
第10回 アルデヒドとケトン (2)
第11回 エノラートとエノール (1)
第12回 エノラートとエノール (2)
第13回 不飽和アルデヒド,ケトン
第14回 生物有機化学,復習
第15回 期末試験

原則として毎回,最初の10分間に小テストを実施する.範囲は前回の講義内容. 
教科書・参考書等 ボルハルト・ショアー「現代有機化学」上下巻,第6版,化学同人,を教科書とするが,講義は全てプレゼンテーションソフトウェアー(PowerPoint, Keynote 等)を用いて行われ,プリントが配布されるので,教科書を教室に持ち込む必要はない.自宅での予習復習に利用されたい.
受講者はBb9上にて,講義の音声付きプレゼンテーションファイル,講義資料,過去の試験問題が閲覧可能. 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料 
予習・復習への
アドバイス
第1回 アリル位でおこる特徴的な反応を,その構造に基づいて理解する.
第2回 熱力学支配と速度論支配の概念を理解する.
第3回 フロンティア軌道論に基づいて,Diels-Alder反応を理解する.
第4回 フロンティア軌道論に基づいて,電子環状反応を理解する.
第5回 芳香族求電子置換反応は統一的な反応機構で説明可能なことを理解する.
第6回 置換基の性質を理解することにより,成績体が予測可能であることを理解する.
第7回 これまでの知識を組み合わせ,合成経路を設計するためには,練習が必要である.
第9回 アルデヒドとケトンの基本的な性質について理解することで,その反応性についてもある程度予測可能となる.
第10回 反応をただ暗記するのではなく,なぜそのような反応がおこるのかを理解する.
第11回 エノール,エノラートの基本的な性質について理解する.
第12回 アルドール縮合は最も基本的な有機化学反応の一つなので,完全に理解する.
第13回 電子の動きを表す矢印が複雑になってくるが,基本に忠実に書くことを常にこころがけること.
第14回 解糖系などを例に,生体内の反応を有機化学の視点から考える. 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 中間,期末試験,毎回実施する小テスト 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ