広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 薬学部薬学科
講義コード I7054001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 物理化学III
授業科目名
(フリガナ)
ブツリカガク3
英文授業科目名 Physical Chemistry III
担当教員名 木下 英司,木下 恵美子
担当教員名
(フリガナ)
キノシタ エイジ,キノシタ エミコ
開講キャンパス 開設期 3年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 水1-4:第3講義室(薬)
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、ディスカッション、学生の発表 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 薬学
対象学生 薬学部3年生
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
薬学プログラム
(知識・理解)
・医薬品や無機・有機化合物の基本構造、物理的性質、反応性などの基本的知識と理解●資質⑤ 
授業の目標・概要等 私たちの体の中で不断に起こる小分子の膜輸送とそれに伴う体液電解質溶液の熱力学的・電気的変化などの物理化学現象を理解し,説明できる能力を習得する。 
授業計画 第1回(授業のガイダンス)
水溶液(体液)の物理化学的性質その1(水と水溶液,熱容量,熱伝導率,融解熱,蒸発熱,表面張力,溶解能等)
第2回
水溶液(体液)の物理化学的性質その2(細胞内液と細胞外液,浸透圧,モル濃度と浸透圧濃度,膠質浸透圧)
第3回
水溶液(体液)の物理化学的性質その3(pHと酸塩基平衡,pH緩衝液と緩衝能,生体内の緩衝作用)
第4回
生体膜構造論その1(脂質の物理化学的特徴)
第5回
生体膜構造論その2(生体膜論,単位膜モデル,流動モザイクモデル)
第6回
生体膜構造論その3(膜蛋白質構造論)
第7回
第1回グループ討論会発表
第8回
中間試験
第9回
生体内の電気物理化学その1(小分子膜輸送の分類)
第10回
生体内の電気物理化学その2(小分子膜輸送の熱力学,膜電位とネルンストの式)
第11回
生体内の電気物理化学その3(イオンチャネルの膜トポロジー,興奮の伝導・伝達)
第12回
物質の分泌と吸収(濾過と再吸収機構,体液量・血圧の能動的調節機構)
第13回
高分子蛋白質を標的とする医薬品や生物毒
(抗不整脈薬,局所麻酔薬,利尿薬,天然生物毒等の物理化学的諸性質)
第14回
高分子蛋白質の機能異常による病態
(筋収縮異常,癲癇,高・低血圧症,嚢胞性繊維症等)
第15回
第2回グループ討論会発表
第16回
期末テスト

中間と期末の2回の筆記試験を実施します。口頭発表用レポートの提出あり。

各回の授業の内容は進捗状況により微調整あり。ただし,試験と討論会の発表の日程は原則的に固定。 
教科書・参考書等 講義形式でテキストは講義中にプリントとして配布する。参考書は随時紹介する。 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
第1回 配布するプリントの熟読
第2回 配布するプリントの熟読
第3回 配布するプリントの熟読;水溶液(体液)の物理化学的性質に関する演習問題の反復練習
第4回 配布するプリントの熟読
第5回 配布するプリントの熟読
第6回 配布するプリントの熟読;生体膜構造論に関する演習問題の反復練習
第7回 これまでに設けた討論会資料の熟読
第8回 これまでに配布したプリント,演習問題,討論会資料から出題する
第9回 配布するプリントの熟読
第10回 配布するプリントの熟読
第11回 配布するプリントの熟読;生体内の電気物理化学に関する演習問題の反復練習
第12回 配布するプリントの熟読;物質の分泌と吸収に関する演習問題の反復練習
第13回 配布するプリントの熟読;高分子蛋白質を標的とする医薬品や生物毒に関する演習問題の反復練習
第14回 配布するプリントの熟読;高分子蛋白質の機能異常による病態に関する演習問題の反復練習
第15回 これまでに設けた討論会資料の熟読 
第16回 これまでに配布したプリント,演習問題,討論会資料から出題する 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 中間と期末の筆記試験,口頭発表,レポート提出,グループ討論会に対する態度,出席状況など総合して評価する。 
メッセージ 講義形式以外にも学生諸君主導の参加型授業を導入する。具体的には,薬学・生命科学全般にわたるトピックスを取り上げてグループ別の討論会を行い,知識を共有した後に,クラス全員に対してプレゼンテーションを行う。討論会に対する態度も成績対象とし,その内容も筆記試験に取り入れるので,積極的に参加すること。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ