広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 薬学部薬学科
講義コード I7017001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 生体分析科学
授業科目名
(フリガナ)
セイタイブンセキカガク
英文授業科目名 Bio-Analytical Science
担当教員名 紙谷 浩之
担当教員名
(フリガナ)
カミヤ ヒロユキ
開講キャンパス 開設期 2年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 水1-4:第2講義室(薬)
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、板書多用 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 薬学
対象学生 薬学部薬学科2年生、薬学部薬科学科2年生
授業のキーワード クロマトグラフィー(chromatography)、電気泳動法(electrophoresis)、紫外可視分光分析法(UV-VIS spectroscopy)、質量分析法(mass spectrometry)、示差熱分析法(differential thermal analysis) 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
薬学プログラム または 薬科学プログラムの第2ステップに属する。この授業では、学生が分析機器の原理を理解することによって、医薬品・化学物質・生体関連物質などを分析できようになることを目的とする。 
到達度評価
の評価項目
薬学プログラム
(知識・理解)
・医薬品や無機・有機化合物の基本構造、物理的性質、反応性などの基本的知識と理解●資質⑤
(能力・技能)
・日本薬局方収載の代表的な医薬品の分析・解析をおこなうことができる。●資質⑤

薬科学プログラム
(能力・技能)
・代表的な化学物質や生体関連物質及び微生物の基本的取り扱いができる 
授業の目標・概要等 【授業の目標】
1. クロマトグラフィーの原理とそれを用いた分析法について説明することができる。
2. 電気泳動法の原理とそれを用いた分析法について説明することができる。
3. 電磁波を用いた分析法の原理と紫外可視分光分析法について説明することができる。
4. 質量分析法の原理とそれを用いて何を明らかにできるかを説明することができる。
5. 示差熱分析法の原理を説明することができる。
【授業の概要】
1. クロマトグラフィーの原理と機器
2. 電気泳動法の原理
3. 電磁波を用いた分析法の原理と紫外可視分光分析機器
4. 質量分析法の原理と応用
5. 示差熱分析法の原理 
授業計画 第1回:クロマトグラフィーによる分離 1(クロマトグラフィーの原理)
第2回:クロマトグラフィーによる分離 2(ガスクロマトグラフィー)
第3回:クロマトグラフィーによる分離 3(液体クロマトグラフィー1)
第4回:クロマトグラフィーによる分離 4(液体クロマトグラフィー2)
第5回:クロマトグラフィーによる分離 5(薄層クロマトグラフィー)
第6回:クロマトグラフィーによる分離 6(クロマトグラフィーによる分離の理論)
第7回:電気泳動による分離 1(電気泳動による分離の原理)
第8回:電気泳動による分離 2(核酸の電気泳動)
第9回:電気泳動による分離 3(蛋白質の電気泳動)
第10回:質量分析法 1(質量分析の原理、イオン化法)
第11回:質量分析法 2(各種分析部)
第12回:質量分析法 3(質量分析スペクトルの読み方)
第13回:紫外可視吸光分析 1(紫外可視分光分析の原理、ランベルト・ベールの法則)
第14回:紫外可視吸光分析 2(紫外可視分光分析の実際)
第15回:示差熱分析法

毎回の授業で小テストを実施するとともに、期末試験を実施する。進行状況や理解度を考慮して中間試験を実施することもある。 
教科書・参考書等 教科書 「機器分析化学」 津田孝雄・廣川健 編著 朝倉書店 出版年 2004(ISBN 9784254140675) 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料 
予習・復習への
アドバイス
第1回:クロマトグラフィーの原理を調べ、その展開を考察する。
第2回:ガスクロマトグラフィーを調べ、その応用を考察する。
第3回:順相・逆相クロマトグラフィーを調べ、その応用を考察する。
第4回:イオンクロマトグラフィーを調べ、その応用を考察する。
第5回:薄層クロマトグラフィーを調べ、その応用を考察する。
第6回:クロマトグラフィーの分離理論を調べ、クロマトグラムを考察する。
第7回:電気泳動の原理を調べ、その展開を考察する。
第8回:核酸の電気泳動を調べ、その応用を考察する。
第9回:蛋白質の電気泳動を調べ、その応用を考察する。
第10回:質量分析の原理を調べ、その展開を考察する。
第11回:各種分析部を調べ、それぞれの利点を考察する。
第12回:質量分析スペクトルの読み方を調べ、化合物の同定法を考察する。
第13回:紫外可視分光分析の原理を調べ、その応用を考察する。
第14回:演習問題を予め解き、誤った理解を正す。
第15回:示差熱分析法を調べ、その原理と応用を考察する。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 小テスト 30%、期末試験(+中間試験)70%の比重で判定する。 
メッセージ 機器を用いた分析法の原理を理解することは非常に重要です。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ