広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 薬学部薬学科
講義コード I7012001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 生化学IV
授業科目名
(フリガナ)
セイカガク4
英文授業科目名 Biological Chemistry IV
担当教員名 櫨木 薫
担当教員名
(フリガナ)
ハゼキ カオル
開講キャンパス 開設期 2年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 金1-4:第2講義室(薬)
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 薬学
対象学生 2年次生 後期
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
薬学プログラム
(知識・理解)
・生体のホメオスタシス(恒常性)の維持機構とダイナミックな調節機構に関する知識と理解●資質⑤

薬科学プログラム
(知識・理解)
・生物・人体に関する知識 
授業の目標・概要等 (1)脂質の構造と機能について学び、脂質の代謝経路とその調節機構を理解する
(2)酵素反応速度論を理解する 
授業計画 1 脂肪酸の構造と機能
2 脂肪酸を含む化合物の構造と機能(1)
3 脂肪酸を含む化合物の構造と機能(2)
4 コレステロールとその誘導体の構造と機能
5 脂溶性ビタミンの構造と機能
6 エイコサノイドの構造と機能
7 中性脂肪と脂肪酸の分解経路(1)
8 中性脂肪と脂肪酸の分解経路(2)
9 中性脂肪の合成経路
10 中性脂肪の輸送
11 コレステロールの輸送
12 個体レベルにおける代謝の統合(1)
13 個体レベルにおける代謝の統合(2)
14 酵素反応速度論(1)
15 酵素反応速度論(2) 
教科書・参考書等 教科書:マッキー生化学第4版(化学同人)
講義内容についてのプリントを配付する 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料 
予習・復習への
アドバイス
1 飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸/脂肪酸の構造を示すための構造名/ω系列分類/必須脂肪酸
 2/3 ワックス/トリグリセリド/グルセロリン脂質/エーテルリン脂質/スフィンゴリン
   脂質/リン脂質2重層と生体膜/リン脂質1重層とリポプロテイン/スフィンゴ糖脂質
 4 コレステロールの合成とHMG-CoA還元酵素阻害薬/エルゴステロール合成阻害薬/胆汁酸/
   胆汁酸吸収阻害薬/PPAR{alpha}作用薬/HM74a作用薬/ビタミン D/ステロイドホルモン
 5 レチノイド/ビタミン K
 6 シクロオキシゲナーゼ/プロスタグランジン類/ロイコトリエン類
 7/8 グリセロールと脂肪酸の利用/脂肪酸の利用とアシルカルニチンの役割/β酸化の4段階
  の繰返し反応/β酸化のエネルギー収支/β酸化を受けられない構造の克服/ケトン体の合成
  経路・利用経路
 9 細胞質へのアセチルCoAの供給とNADPHの供給・クエン酸リアーゼ・リンゴ酸酵素・
  ペントースリン酸経路/アセチルCoAカルボキシラーゼ・マロニルCoA/アシルキャリアー
  プロテイン(ACP)の役割/脂肪酸合成の4段階の繰返し反応
10 リポプロテインの構造と分類/アポタンパク質の役割/キロミクロンの役割/リポプロテイ
  ンリパーゼとApoC-II/VLDLの役割と運命
11 LDLの機能/スキャベンジャー受容体とアテローム性動脈硬化/HDLの機能/コレステロー
  ルの逆輸送/LCATの役割/遺伝性脂質異常症
12/13 摂食時代謝におけるインスリンの役割/食間期におけるグルコースの節約/代替エネ
  ルギーの利用/食間期における糖新生原料の供給/Coriサイクル/アラニンサイクル/
  酸素負債
14/15 式の導出における4つの仮定/ミカエリス定数/最大反応速度/2重逆数プロット/
  酵素阻害のさまざまな機構/阻害薬存在時の反応速度式/阻害薬存在時の2重逆数プロット 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 2回の筆記試験により評価する 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ