広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 生物生産学部
講義コード L6009006 科目区分 専門教育科目
授業科目名 瀬戸内海の恵みと現状を学ぶ洋上里海総合演習
授業科目名
(フリガナ)
セトナイカイノメグミトゲンジョウヲマナブヨウジョウサトウミソウゴウエンシュウ
英文授業科目名 Practice on tradition and blessing of "Sato Umi" the Seto Inland Sea
担当教員名 冨山 毅,中口 和光,山口 修平
担当教員名
(フリガナ)
トミヤマ タケシ,ナカグチ カズミツ,ヤマグチ シュウヘイ
開講キャンパス   開設期 1年次生   前期   集中
曜日・時限・講義室 (集) 集中
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、野外実習 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 26 : 農学
対象学生  
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等  広島大学生物生産学部附属練習船「豊潮丸」による乗船実習を経験する中で,里海を育んできた瀬戸内海域の文化・漁業・水産の試験研究を視察するとともに,海洋調査を経験することにより,里海瀬戸内海への理解を深めることを目的とする。 
授業計画 6/23(金):予定 バスで広島大学生物生産学部およびJR西条駅から竹原港へ移動,乗船・出港,漁船操業の視察と船内講義,愛媛県今治市大三島宮浦港入港,停泊岸壁での夜間観測
6/24(土):予定 大三島漁業協同組合魚市場訪問、伯方塩業大三島工場見学,大三島海事博物館見学,観測等
6/25(日):予定 大三島宮浦港を出港,大崎下島御手洗(潮待ちの港町)視察,海洋観測,船内講義(演習,体験発表会)
6/26(月):予定 広島県水産海洋技術センター見学,船内清掃,昼食, 修了式後下船(12:30頃),バスで西条駅まで送ります(14:00頃着,呉駅解散も可)


*寄港先の都合等により,予定に変更が生じる場合がある。 
教科書・参考書等 特に無し 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料 
予習・復習への
アドバイス
予習復習は必須 
履修上の注意
受講条件等
● 授業期間中の食事代,シーツ洗濯代として4,000円程度を徴収します。
(内訳):食費1日3食=1,065円×3日分,シーツ洗濯代 500円
● 集合解散場所の事前事後の交通費は自己負担となります。
● 開催1週間前以降のキャンセルについては食事代を,1日前および実施期間中のキャンセルについては参加費用全額(4,000円程度)を払っていただきます。
● 見学先への移動(所要時間30分程度)にレンタサイクルを利用します。レンタサイクル代を含め、実習にかかるその他経費についてはこちらで負担します。 
成績評価の基準等 受講態度50点,発表とレポート50点で評価する。 
メッセージ  
その他 ● 集合時刻:バスで生物生産学部からJR西条駅を経由して乗船地の竹原港まで行きますので,開催当日(6月24日)は,以下の1)か2)のいずれかの場所に,それぞれの指定時刻(時間厳守)までに集合してください。(昼食を済ませておいてください)
1)広島大学生物生産学部(東広島キャンパス)車庫前12:30まで
2)JR西条駅一般バス降車場12:50まで
● 持参物:医療保険証,着替え,運動靴(甲板作業はスリッパ類不可),雨具(傘),作業着上下(長袖,長ズボン),筆記用具,洗面具,タオル類等(長靴とカッパは貸与します。船内での洗濯可),釣り具(持っていれば)
● 傷害保険:事前に学生教育研究災害傷害保険(財団法人日本国際教育支援協会)相当の傷害保険に加入しておいてください。
● やむなく欠席する場合は,開催1週間前までに広島大学生物生産学部学生支援室まで申し出てください。直前にやむなく欠席・遅刻する場合も,必ず連絡してください。
● 本授業科目は,広島大学生物生産学部,広島大学他学部,他大学学生のために開講されるものです。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ