広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 生物生産学部
講義コード L5009005 科目区分 専門教育科目
授業科目名 生体分子機能学実験
授業科目名
(フリガナ)
セイタイブンシキノウガクジッケン
英文授業科目名 Laboratory Work in Biological Chemistry
担当教員名 清水 典明,手島 圭三
担当教員名
(フリガナ)
シミズ ノリアキ,テシマ ケイゾウ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   前期   集中
曜日・時限・講義室 (集) 集中:総H302,生A701(学生実験室)
授業の方法 実験 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、板書多用、ディスカッション、作業、薬品使用 
単位 1 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 26 : 生命科学
対象学生 3年次生前期
授業のキーワード ・動物細胞培養法・顕微鏡の使用法・ 遺伝子導入法・クロマトグラフィー・反応速度論・ 蛋白質の構造解析 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
「知識・理解1,2,3,4,6」,「知的能力・技能1,2,3,4」,「実践的能力・技能1,2,4」,「総合的能力・技能4」に関する学習の成果が期待される。 
到達度評価
の評価項目
分子細胞機能学プログラム
(能力・技能)
・分子・細胞・生物個体や生態に関する研究領域における知的能力・技能
(総合的な力)
・細胞・生物個体や生態の機能を分子的な面から総合的に考える分野において,自分の考えをまとめ,それに基づく実証を行い,結論を文章や口頭で論理的に発表し,意見交換できる能力 
授業の目標・概要等 前半では、生体有用物質である蛋白質、補欠分子族の分離精製技術、触媒反応や性質、構造を厳密に調べる実験技術の習得をはかる。後半では、哺乳動物細胞を培養し、それを分子レベルで理解して応用するために必要不可欠な技術を習得する。 
授業計画 第1回 実験の目的、実験の概要説明(手島)
第2回 ゲル濾過による蛋白質と低分子化合物の分離、イオン交換クロマトによる血清アルブミンとCyt cの分離精製
第3回 分光光度法によるTyrモデル側鎖のイオン化の測定、塩酸グアニジンによる卵白リゾチーム変性の測定
第4回 パソコンを用いる実験データの解析(1):Tyrモデル側鎖のpK値、リゾチームの変性の標準自由エネルギー変化の決定
第5回 光合成蛋白質の電子伝達反応:チオレドキシン(Trx)のペルオキシレドキシンQ(PrxQ)還元反応の測定、
     NMRによるHisイミダゾール側鎖のイオン化測定   
第6回 変異型TrxsのPrxQ還元反応の測定
第7回 ホウレンソウからの光合成色素、クロロフィルa, b, β-カロテンの調製と蛍光測定
第8回 パソコンを用いる実験データの解析(2):野生型および変異型TrxsのPrxQ還元反応の反応速度論パラメータ(Km, Vmax and kcat)の決定、
     His側鎖のpK値の決定、総合討論
第9回 実験の目的、実験の概要説明と培養液の調製(清水)
   (実験概要、器具の使い方、滅菌法、培養液の調製)
第10回 浮遊動物細胞の培養
   (無菌操作、血球計算盤による細胞濃度の計測、ヒト大腸がんCOLO 320細胞の植え継ぎ)
第11回 複製鎖のBrdU標識と染色体標本の調製
第12回 BrdUの間接蛍光抗体法による検出
第13回 接着動物細胞の培養と、蛍光顕微鏡観察
    (ヒト子宮頸がんHeLa細胞の懸濁、植え継ぎ、蛍光顕微鏡の原理、使用法、試料の観察、写真撮影)
第14回 動物細胞への遺伝子導入法
    ヒストンH2B-GFP融合遺伝子の、リポフェクション法によるHeLa細胞への導入
第15回 一過性遺伝子発現の観察
    前日導入したH2B-GFP遺伝子の発現を、蛍光顕微鏡により観察、写真撮影、Photoshopによる画像処理法、総合討論

前半(第1〜8回)と後半(第9回〜15回)それぞれ独立にレポート提出を行う。 
教科書・参考書等 講義形式(プリント)
使用する視聴覚教材の種類(パワーポイント等)
充分な資料を配付する。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
第1回、第9回 授業後
 実験概要の復習と次回以降の予習
第2回 ゲル濾過、イオン交換クロマトについて理解する。
第3回 Tyr側鎖の分光光度滴定法を習得する。
第4回 蛋白質変性の解析法を習得する。
第5回、第6回 光合成蛋白質の特異的な電子伝達反応を理解する。 
第7回 光合成色素の調製法を習得する。
第8回 パソコンを用いた反応速度論的解析法を習得する。
第10,11回 簡単そうに見えても、習熟が必要なテクニックです。丁寧かつ手際のよい操作をイメージトレーニングすることが、予習、復習の要です。
第12,13回 充分な予習が必要です。その上で、積極的に観察し、考えてください。
第14.15回 下調べを含めた充分な予習を行ってください。その上で、実験を行いながらよく考えてください。
第8回、第15回 授業後
 実験の総括とレポートの作成 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 実験態度(20%)、総合討論(10%)およびレポート(70%)で評価する。 
メッセージ この授業は、希望があれば英語で行います。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ