広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 生物生産学部
講義コード L4025005 科目区分 専門教育科目
授業科目名 食品工場見学
授業科目名
(フリガナ)
ショクヒンコウジョウケンガク
英文授業科目名 Food factory inspection
担当教員名 浅川 学
担当教員名
(フリガナ)
アサカワ マナブ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   前期   集中
曜日・時限・講義室 (集) 集中
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
事前学習と工場見学、レポート作成 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 26 : 農学
対象学生 食品科学プログラム
授業のキーワード 食品加工、食糧生産、品質管理、トレーサビリティー、HACCP、ISO 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
食品科学に対する自らの課題意識を社会的視野に立って考察・構築する。 
到達度評価
の評価項目
食品科学プログラム
(知識・理解)
・食品の加工技術や有用素材の開発に関する専門的知識
(能力・技能)
・食品製造現場の見学などを通して,食品科学に対する自らの課題意識を,社会的視野に立って考察・構築することができる。 
授業の目標・概要等 食品工場等の見学を通して、製造現場における機械装置、加工工程、廃水(廃棄物)処理、衛生管理、品質管理等について具体的にその実際を学び、授業により得られた食品および食品加工・製造に関する知識の拡大・深化を目的とする。 
授業計画 事前学習1
事前学習2
事前学習3
事前学習4
事前学習5
工場見学1
工場見学1
工場見学2
工場見学2
工場見学3
工場見学3
レポート作成1
レポート作成2
レポート作成3
レポート作成4

学内での講義・事前学習をあわせて5日間程度を予定。ただし、学外での工場見学は、9月中旬に集中して行う予定。詳細は事前に掲示する。
1.食品産業の概説(講義)
2.訪問企業に関する事前学習
3.食品および関連工場の見学
4.レポート作成 
教科書・参考書等 事前学習の中で紹介する 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
予習:
1.キーワードおよびその関連事項の内容を下調べしておく。
2.わが国の食品産業の現況について事前に予習し、特筆すべき点や問題点などを明らかにしておく。
3.訪問企業および関連分野に関する事前学習を十分に行った上で、工場見学に臨み、積極的に発言する。
復習:
4.工場見学により得られた成果をレポートにまとめる。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 受講態度・出席状況(平常点50%)および見学レポート(50%)の結果に基づき総合的に評価する。 
メッセージ 企業訪問にふさわしい服装、食品工場見学にふさわしい服装で参加すること。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ