広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 生物生産学部
講義コード L3009006 科目区分 専門教育科目
授業科目名 酪農フィールド科学演習
授業科目名
(フリガナ)
ラクノウ フィールド カガクエンシュウ
英文授業科目名 Seminar in Dairy Field Science
担当教員名 谷田 創,黒川 勇三,前田 照夫,小櫃 剛人,都築 政起,沖田 美紀
担当教員名
(フリガナ)
タニダ ハジメ,クロカワ ユウゾウ,マエダ テルオ,オビツ タケト,ツヅキ マサオキ,オキタ ミキ
開講キャンパス   開設期 3年次生   前期   集中
曜日・時限・講義室 (集) 集中
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、演習中心、板書多用、ディスカッション、学生の発表、野外実習、作業、薬品使用 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 26 : 農学
対象学生 選択,動物生産科学コース
授業のキーワード 酪農,家畜,乳牛, 食農教育,環境 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
動物生産科学プログラム
(知識・理解)
・フィールドにおける動物生産機構並びに動物と人間社会?自然環境との関係についての知識・理解
(能力・技能)
・動物の取り扱いや試験ならびに飼育管理の基本的手技が実行できる。
・動物の生産現場における飼育環境の基本的な評価ができる。
(総合的な力)
・動物生産に関連する具体的諸事象について,自らの対象を設定し,それについての自分の考えをまとめ,文章や口頭で論理的に発表し,応答することができる。 
授業の目標・概要等 生物圏科学研究科附属瀬戸内圏フィールド科学教育研究センターで,乳牛などの家畜の飼養管理を通して食の生産の成り立ちについて学ばせることを目標とします。広島大学東広島キャンパスには生物圏科学研究科附属瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター西条ステーション(農場)があり,そこでは太陽の恵みを受けた大地で作物を作り,それらを飼料として家畜を繁殖,成長させてミルクや肉,羊毛を生産しています。また,畜産物や水産物を加工する食品製造実験実習棟と,動植物の精密実験圃場を有しています。酪農フィールド科学演習は,農学の基礎知識を持った学生が,これらの施設において,草と家畜(特に乳牛)と土の循環のなかで乳を生産して食品に加工していく過程を,講義,実習及び討論を通じて学ぶことで,農業と食の関わりについて考えます。 
授業計画 8/29(火) お昼に農場に集合
午後 ガイダンス,農場の説明,
宿泊 西条共同研修センターで夕食後に交流会
8/30(水)
午前 ①家畜の飼養管理と搾乳作業 ②牧草・飼料作物生産と放牧の実際
午後 ①牛の胃のしくみを探る ②乳牛と肉牛の遺伝的特性
宿泊 西条共同研修センターで夕食後に演習(pptによる発表準備を含む)
8/31(木)
午前 ①家畜の飼養管理と搾乳作業 ②搾乳した生乳を加工する
午後 ①乳牛の人工授精 
宿泊 西条共同研修センターで夕食後に演習(pptによる発表準備を含む)
9/1(金)
午前 ① pptによる発表準備 ②体験発表会
午後 昼食後,解散
*都合によって、上記授業内容の一部を変更する可能性がある。

レポートを課します。 
教科書・参考書等 「生命・食・環境のサイエンス」(共立出版)等 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,プロジェクター,パソコン、映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
1)家畜の飼養管理と搾乳作業手順についての予習と復習
2)家畜の人工授精に関する予習と復習
3)低温殺菌と乳製品製造方法についての予習と復習
4)濃厚飼料の特性と役割についての予習と復習
5)体験発表のための準備と打ち合わせ 
履修上の注意
受講条件等
天候によっては日程の大幅な変更もありうることを了解ください。口蹄疫の予防措置のため,本演習開始(8月29日)前1週間以内に海外渡航を予定しておられる方については受講を認めない場合がありますので,事前に谷田まで問い合わせてください。本演習開始前2週間以内に口蹄疫発生地域(例えば中国など)からの帰国を予定されている方は受講できません。帰国がこれらの期間より前であっても,海外で使用した衣服や靴を農場内に持ち込むことはできません。さらに本演習前に国内の家畜農場や家畜関連施設(食肉センターを含む)に立ち入られた方またはその予定のある方も事前に谷田までご相談ください。実費:授業期間中の食事費等(10,000円以内)を現地で徴収します。開催1週間前以降のキャンセルについては食事代を,1日前および実施期間中のキャンセルについては参加費用全額(10,000円以内)を払っていただきます。傷害保険代:事前に学生教育研究災害傷害保険(財団法人日本国際教育支援協会)相当の傷害保険に加入しておいてください。集合日時:平成28年8月29日(火) の13:00までにJR西条駅に集合のこと(広島大学の学生については、13:30までに西条ステーション(農場)に直接集合のこと)。各自持参するもの:医療保険証,作業以外の時に着る動きやすい服(サンダルや半ズボン等は不可),帽子(日よけ用なのでサンバイザー不可),デジタルカメラ(あれば望ましい),水に濡れたり汚れても構わない靴,筆記用具,洗面具,タオル,身の回り品等,作業つなぎ及び長靴。 
成績評価の基準等 受講態度,発表,レポートで評価します。 
メッセージ この演習を通して,ヒトと家畜との関わり,食料生産の成り立ちなど,農から食までの過程を講義と体験を通して学びます。農業と食料生産に対して興味と熱意のある受講生を希望します。受講生が定員以上の場合は、低学年を優先します。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ