広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 生物生産学部
講義コード L3003004 科目区分 専門教育科目
授業科目名 動物生殖学
授業科目名
(フリガナ)
ドウブツセイショクガク
英文授業科目名 Animal Reproduction
担当教員名 前田 照夫,島田 昌之
担当教員名
(フリガナ)
マエダ テルオ,シマダ マサユキ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 木1-4:生C301
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 26 : 農学
対象学生 学部2年生
授業のキーワード 精巣(精子),卵巣(卵子),受精,妊娠・分娩 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
「知識・理解」:
・生物学,動物学,生化学,生物資源と食料生産,バイオテクノロジー,生物環境の保全などの生物生産に必要な基礎的知識がある。
・動物生産に関る生体機構,遺伝育種,生殖,栄養,管理学の基礎的知識がある。
 
到達度評価
の評価項目
動物生産科学プログラム
(知識・理解)
・動物生産に関わる分子レベルから個体レベルの生命現象についての知識・理解
・フィールドにおける動物生産機構並びに動物と人間社会?自然環境との関係についての知識・理解
(総合的な力)
・動物生産に関連する具体的諸事象について,自らの対象を設定し,それについての自分の考えをまとめ,文章や口頭で論理的に発表し,応答することができる。

分子細胞機能学プログラム
(総合的な力)
・周辺領域の情報を収集して,専門分野を補完し,細胞・生物個体や生態の機能を分子的な面から総合的に考える能力
・細胞・生物個体や生態の機能を分子的な面から総合的に考える分野において,自分の考えをまとめ,それに基づく実証を行い,結論を文章や口頭で論理的に発表し,意見交換できる能力 
授業の目標・概要等 動物生殖分野において従来から利用されている技術(人工授精)および最新の応用技術(受精卵移植,体外受精,核移植,形質転換動物作製等)を理解する上で不可欠な動物の生殖器の基本構造と機能および受精,発生,妊娠現象を概説する。 
授業計画 第1回 イントロダクション(前田)
・授業の目標説明
・動物生殖学の進歩
第2回 雄生殖器のマクロ構造と機能(前田)
・生殖器の発生と発達
・精巣と陰嚢
・精巣上体
・精管
・副生殖腺
・尿道と陰茎
第3回 雌生殖器のマクロ構造と機能(前田)
・生殖器の発生と発達
・卵巣
・卵管
・子宮と子宮頸
・膣と外生殖器
第4回 生殖に関わるホルモン(前田)
・視床下部・下垂体系ホルモン
・卵巣と精巣のホルモン
・子宮と胎盤のホルモン
第5回 繁殖周期(前田)
・春機発動と性成熟
・繁殖季節
・発情周期
・老化と繁殖
第6回 精液と精子(前田)
・精液の性状
・精漿の化学組成
・精子の形態と構造
・精子の運動と代謝
第7回 精子の形成,成熟,貯蔵(前田)
・精子発生と完成
・精子の成熟と貯蔵
第8回 卵母細胞の形成・発育と卵胞発育(島田)
・卵母細胞の形成
・卵母細胞と卵胞の発育
第9回 卵母細胞の成熟と排卵(島田)
・卵母細胞の成熟
・排卵
第10回 受精(島田)
・精子と卵子の遭遇
・精子の受精能獲得,先体反応
・受精
第11回 着床1(島田)
・子宮内膜の発達
・受精卵の初期発生
第12回 着床2(島田)
・胚の着床
・サイトカイン
・免疫機構と妊娠
第13回 ホルモンの作用機構(島田)
・ホルモン受容体の種類
・ホルモン受容体のシグナル伝達機構
第14回 動物生殖の技術(動物生殖工学)(島田)
・人工授精
・胚移植
・体外受精
・精子と胚の凍結保存
・性支配
・遺伝子工学と発生工学
第15回 まとめ,総合討論(前田・島田)
【討論】動物生殖工学の未来について

第16回 【期末試験】
「知識・理解」を総括評価する。 
教科書・参考書等 参考書:家畜繁殖(加藤征史郎編著,朝倉書店),
    発生生物学上,中,下(S.F.ギルバート著,塩川他訳,トッパン),
    家畜繁殖学(E.S.E.ハーフェツ編著,西村書店) 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,PC 
予習・復習への
アドバイス
第1-15回 授業後
各回の授業内容を確認し,予習・復習する。
 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 授業成績は,「知識・理解」の達成度を基に総合的に期末試験で評価する。ただし,学内規約により授業全体の1/3以上を無断欠席の場合,成績評価できない。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ