広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 生物生産学部
講義コード L2014005 科目区分 専門教育科目
授業科目名 乗船実習
授業科目名
(フリガナ)
ジョウセンジッシュウ
英文授業科目名 Field Work on Training Ship
担当教員名 中口 和光,山口 修平
担当教員名
(フリガナ)
ナカグチ カズミツ,ヤマグチ シュウヘイ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   前期   集中
曜日・時限・講義室 (集) 集中
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
野外実習、作業 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 26 : 農学
対象学生 必修→水産生物科学コース, 選択→その他のコース
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
水産生物科学プログラム
(能力・技能)
・水産生物および水圏環境の諸特性を分析・評価するための手法を身につける。
・人間生活における水産業の役割と水圏環境に及ぼす影響を分析・評価するための手法を身につける。 
授業の目標・概要等 船内生活と外洋における海上生活の実態を体験するとともに、瀬戸内海と外洋の環境と生物相の比較を行なう。また、各測器の使用法や調査法を修得する。 
授業計画 乗船後にレポートの提出

航海当直勤務の習得のほか,船内諸作業ならびに船舶運航上の必要事項に関する講義を実施し,船内生活と外洋における海上生活の実態を体験させる。
併せて,一般海洋海洋観測を行う。漁場内での海洋環境並びに漁獲物組織解析から,海洋生物資源の実態を理解させる。 
教科書・参考書等 船内設置図書,実習のしおり 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料 
予習・復習への
アドバイス
ガイダンスを実施する。 
履修上の注意
受講条件等
体調を整える。
医療保険証を持参してください。
災害傷害保険(学研災等)に加入のこと。

 
成績評価の基準等 実習態度60%(程度),レポート40%(程度)により行う 
メッセージ 欠席は航海10日前までに練習船(090-3022-4347もしくはtoyoshio@hiroshima-u.ac.jp)に連絡し、欠席理由書を提出してください。10日前以降に欠席を申し出た人は食糧費を自己負担していただきます。
 
その他 http://home.hiroshima-u.ac.jp/toyoshio/


 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ