広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 生物生産学部
講義コード L1013004 科目区分 専門教育科目
授業科目名 海洋環境学
授業科目名
(フリガナ)
カイヨウカンキョウガク
英文授業科目名 Marine Environmental Science
担当教員名 橋本 俊也
担当教員名
(フリガナ)
ハシモト トシヤ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 金1-4:生C201
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心, 板書多用 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 26 : 農学
対象学生 2,3,4年次生(第4,6,8セメスター)
授業のキーワード 海水 海流 波浪 潮汐 海洋生物 海洋発電 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
水圏の生物生産とその生態系の構造について理解できる。 
到達度評価
の評価項目
生物圏環境学プログラム
(知識・理解)
・生物圏における生命の営みとその人間による利用を、生命現象と物質循環を通して総体的に理解できる。
・水圏の生物生産とその生態系の構造について理解できる。

水産生物科学プログラム
(知識・理解)
・水産生物の形態・生態と水圏環境との関わりについて理解する。 
授業の目標・概要等 基盤科目および専門基礎科目で修得した物理・化学・生態・経済学の基本概念を土台として、海洋の環境科学的性質について専門知識の基礎を学ぶ. 
授業計画 第1回海洋学の重要性
・地球表面積における海陸比
・大洋,地中海,沿岸,海洋の形状
第2回 海水の特性1
・水温 ・塩分 ・密度 ・水塊
第3回 海水の特性2
・成層と鉛直混合 ・海水中の光の透過 ・透明度
第4回 海洋の流れ1
・表面海流(表層大循環)
・コリオリ力 
第5回 海洋の流れ2
・エクマン輸送 ・地衡流
第6回 海洋の流れ3
・密度流 ・吹送流
第7回 沿岸海洋の特性
・沿岸湧昇
第8回 波・表面波1
・波の諸元 ・風波・うねり ・有義波
第9回 波・表面波2
・波の変形(屈折,回折,砕波) ・スペクトル解析 
第10回 潮汐・潮流1(平衡潮汐論)
・太陽、月、地球 ・起潮力 ・満潮、干潮
第11回 潮汐・潮流2(潮汐の特徴)
・大潮、小潮 ・日潮不等 ・長周期変動
第12回 潮汐・潮流3(動力学的潮汐論)
・静振 ・等潮時図・等潮差図 ・上げ潮流、下げ潮流、憩流
・潮流楕円,調和分解
第13回  海洋生物1
・食物連鎖 ・基礎生産 ・親生物元素
第14回  海洋生物2
・臨界深度 ・藻場干潟 ・瀬戸内海の生産構造
第15回 海洋発電
・潮流発電 ・波浪発電 ・温度差発電

毎回小テストをオンライン学習支援システムBb9で行う.
期末試験は第15回終了後に行う.
再試験や期末試験後のレポートによる得点調整は一切行わない.

出席が授業全体の2/3(10回)に満たないものは期末試験の受験資格はない(評価Z:欠席となる)
通学手段である公共交通機関のトラブル以外の理由(サークル,他の講義・演習,病気・ケガ,忌引きなど)による欠席・遅刻は一切考慮しない. 
教科書・参考書等 講義形式
テキストは特に指定しない
参考書は特に指定しない
 
授業で使用する
メディア・機器等
講義中心でパワーポイントを主に使用する。
動画を適宜用いる。 
予習・復習への
アドバイス
オンライン学習支援システムBb9を利用します.講義資料は講義前に公開しますので,予習をしてください.
講義後数日間は講義資料を公開しておくので,復習に利用してください.
「知識・理解」の確認のため,毎回Bb9システムを利用した小テストを行います.
 板書・パワーポイントによる説明をよくノートにとり、分からないことがあったら教員に質問あるいは自分で調べること。
 
履修上の注意
受講条件等
高校レベルの物理・生物・地学を習得していることが望ましい。
3セメの生物環境学の内容を復習しておくことが望ましい.
浮遊生物生態学,生物環境学,水域物質循環論,水圏環境学実験実習を受講することが望ましい。 
成績評価の基準等 70%は期末試験で評価し、30%をBb9の小テストで評価する。
出席が授業全体の2/3(10回)に満たないものは期末試験の受験資格はない(評価Z:欠席となる).
通学手段である公共交通機関のトラブル以外の理由(サークル,他の講義・演習,病気・ケガ,忌引きなど)による欠席・遅刻は一切考慮しない. 
メッセージ 連絡は「もみじ」掲示板により行うので,毎日必ずチェックすること.
期末試験では関数電卓を使用します.関数電卓を準備しておくこと.四則演算以外に対数(常用,自然),三角関数,べき乗,平方根を利用した計算問題が出る可能性があります. 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ