広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 生物生産学部
講義コード L0023007 科目区分 専門教育科目
授業科目名 公衆衛生学
授業科目名
(フリガナ)
コウシュウエイセイガク
英文授業科目名 Public Health
担当教員名 担当教員未定,島本 整
担当教員名
(フリガナ)
タントウキョウインミテイ,シマモト タダシ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 金9-10:生C206
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 26 : 農学
対象学生  
授業のキーワード 保健統計、疫学、環境・公害、感染症、生活習慣病、産業保健、成人保健、精神保健福祉 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
生物圏環境学プログラム
(知識・理解)
・専門分野を学ぶにあたって、学際的・総合的に考えるための知識があり、理解している。
・専門分野を学ぶために必要な基礎的知識があり、理解している。

水産生物科学プログラム
(知識・理解)
・専門分野を学ぶために必要な基礎的知識を理解する。

動物生産科学プログラム
(知識・理解)
・専門分野に関わる課題を解決するために必要な、学際的・総合的に考える能力や、広い視野から俯瞰し行動する能力
・専門分野を学ぶために必要な基礎的知識・理解
・フィールドにおける動物生産機構並びに動物と人間社会?自然環境との関係についての知識・理解
(総合的な力)
・動物生産に関連する具体的諸事象について,自らの対象を設定し,それについての自分の考えをまとめ,文章や口頭で論理的に発表し,応答することができる。

食品科学プログラム
(知識・理解)
・専門分野を学ぶために必要な基礎的知識・理解
(能力・技能)
・食品製造現場の見学などを通して,食品科学に対する自らの課題意識を,社会的視野に立って考察・構築することができる。

分子細胞機能学プログラム
(知識・理解)
・専門分野を学ぶために必要な基礎的知識・理解
(能力・技能)
・専門分野を学ぶために必要な基礎的実験能力・技能 
授業の目標・概要等 公衆衛生の目的は、人類の生命や健康を阻害する諸要因を、組織化された社会の共同と努力によって除去することにある。それ故、公衆衛生学の範囲は食中毒をはじめ、生活習慣病、環境問題、公害、保健制度等々、あらゆる分野と言えるほど多岐にわたっている。この公衆衛生学の基礎が理解できるようできるだけ具体的に学び、公衆衛生学の全体像を把握する。 
授業計画 第1回 
第2回 
第3回 
第4回 
第5回  
第6回 
第7回 
第8回 
第9回 
第10回 
第11回 
第12回 
第13回 
第14回 
第15回  
教科書・参考書等  
授業で使用する
メディア・機器等
映像(PC)、配付資料、テキスト 
予習・復習への
アドバイス
15回の講義時間をフルに使って説明をしていくが、それでも時間内にこの広範囲の内容を全て説明することは不可能であり、ここに挙げたテキストや他の参考書などを用いて自ら学習し、講義で得た知識を補強していくことが必要である。定期試験のためにも、各自で勉強して、理解・解釈を深めておくことが重要となる。 
履修上の注意
受講条件等
食品衛生監視員及び食品衛生管理者任用資格の取得希望者は、「微生物学入門」及び「食品衛生学」と併せて本科目を必ず履修すること。 
成績評価の基準等 公衆衛生学の知識・理解のレベルを評価できる定期試験で評価する。定期試験では、講義した全範囲から論述式の問題を4題出題し、60点以上を合格とする。合格には学習内容を消化し、理解を深めて試験に臨むことが必要である。自分の見解・意見を持つまで学習を深めておくことが望ましい。  
メッセージ 公衆衛生学は厚生労働行政・政策の基となっており、ここで学ぶ内容には多くの法令が関わっている。公衆衛生学の範囲は極めて広く、「何でもあり」の感があるが、扱われるすべての事項が人(公衆)の生命・健康に関わることである。ここで得られる広い知識は、単に食品衛生分野で必要というだけでなく、各自がより健康に生きていく為に有用となる事柄でもある。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ