広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 生物生産学部
講義コード L0017003 科目区分 専門教育科目
授業科目名 動物生理学
授業科目名
(フリガナ)
ドウブツセイリガク
英文授業科目名 Animal Physiology
担当教員名 吉田 将之
担当教員名
(フリガナ)
ヨシダ マサユキ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 木1-4:生C206
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、ディスカッション、学生の発表、デモンストレーション 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 26 : 農学
対象学生  
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
生物圏環境学プログラム
(知識・理解)
・専門分野を学ぶにあたって、学際的・総合的に考えるための知識があり、理解している。
・専門分野を学ぶために必要な基礎的知識があり、理解している。

水産生物科学プログラム
(知識・理解)
・専門分野を学ぶために必要な基礎的知識を理解する。

動物生産科学プログラム
(知識・理解)
・専門分野を学ぶために必要な基礎的知識・理解
・動物生産に関わる分子レベルから個体レベルの生命現象についての知識・理解

食品科学プログラム
(知識・理解)
・専門分野を学ぶために必要な基礎的知識・理解

分子細胞機能学プログラム
(知識・理解)
・専門分野を学ぶために必要な基礎的知識・理解
(能力・技能)
・専門分野を学ぶために必要な基礎的実験能力・技能 
授業の目標・概要等  動物生理学は、動物が生きているしくみについて注目する。この授業では動物生理学の重要概念を習得する。また、興味深い捕食行動を示すいくつかの動物を取り上げ、その特徴的な感覚・運動のしくみについて解説することによって、動物の行動や生態を生理学の観点から理解できるようにする。 
授業計画 1.イントロダクション
2.形態と機能
3.物質交換
4.ホメオスタシス
5.  群れで狩りをするネコ“ライオン”
6.空から見つめる“ワシ・タカ”
7.サメはどのようにして捕食するのか
8.わずかな音も逃さない“フクロウ”
9.スピードの勝負“チータとハヤブサ”
10.サイズの効果“アリとゾウ”
11.コウモリの超音波
12.カマキリが狙う
13.毒矢を発するクラゲとイソギンチャク
14.繊毛で狩る“カイメンと原生動物”
15.動物生理学の研究

前回の授業内容に関連した小テストを授業の最初に行う。これに加えて期末試験を課す。

資料等の入手状況により、第5回から14回までの内容の順番が変わる可能性がある。その場合、1週間前までに通知する。 
教科書・参考書等 動物が生きる仕組みを理解するには、環境とのかかわりの中でどのような生理学的現象が生じているのかを知ることが助けになる。参考書として:
「動物生理学 環境への適応」シュミット=ニールセン著 沼田ら 訳、東京大学出版会 ISBN 9784130602181 
授業で使用する
メディア・機器等
音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
資料を配布するので、授業ノートと照らしあわせて復習すること。次回に取り上げる動物について予め調べ、授業中に紹介できるように準備しておくこと。 
履修上の注意
受講条件等
第1回目の授業で、授業の進め方や成績評価法について説明するので、受講予定者は必ず出席すること。各回の授業では、遅刻すると小テストが受けられなくなるので注意すること。 
成績評価の基準等 小テスト(計約50%)、期末試験(約50%) 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ