広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 工学部
講義コード K8942040 科目区分 専門教育科目
授業科目名 社会基盤環境デザイン
授業科目名
(フリガナ)
シャカイキバンカンキョウデザイン
英文授業科目名 Design of Infrastructures
担当教員名 日比野 忠史,土田 孝,尾崎 則篤,中下 慎也,田口 智,河合 研至,小川 由布子,布施 正暁,塚井 誠人,内田 龍彦
担当教員名
(フリガナ)
ヒビノ タダシ,ツチダ タカシ,オザキ ノリアツ,ナカシタ シンヤ,タグチ サトシ,カワイ ケンジ,オガワ ユウコ,フセ マサアキ,ツカイ マコト,ウチダ タツヒコ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 月3-6:工105,工110,工113
授業の方法   授業の方法
【詳細情報】
講義中心 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 25 : 土木工学
対象学生 社会基盤環境工学プログラム3年生および過年度生
授業のキーワード 社会基盤施設、社会基盤環境工学、環境との調和、計画、設計および施工 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
本科目は、広島大学工学部環境グループのプログラムの学習教育目標「D:問題解析力」、「E:評価力」、「G:実行力・解決力」を達成するための重要な科目に位置づけられる 
到達度評価
の評価項目
社会基盤環境工学プログラム
(知識・理解)
・教養・視野の広さ
(能力・技能)
・問題構成力
・問題解析力
(総合的な力)
・課題発見力
・評価力
・伝達する能力
・実行力・解決力 
授業の目標・概要等 社会基盤施設とは、人々が安全で快適な生活を営むために必要な施設であり,道路・鉄道・空港・港湾などの交通・流通ネットワーク施設,電力・ガス・上下水道・通信などのライフライン施設,堤防や・ダム・擁壁などの防災施設,廃棄物処理・処分施設などの他,公園などのレクリエーション施設がある.社会基盤環境工学プログラムでは,自然環境との調和・共生を図りつつ豊かなコミュニティーと社会環境を創造するために,これらの施設を計画,設計,建設,保全するための工学理論を中心に,構造工学,材料工学,地盤工学,水工水理学,海岸工学,海洋大気圏環境学,環境衛生工学,社会基盤計画学などを学習する.
 本講義では、社会基盤環境工学に関して設定された具体的な設計・製作課題について、これまでに学んだ専門科目の知識をもとに関連文献の学習や実験・実習を通じて問題解決に取り組むことにより、個々の要素技術を統合して活用する力を養成することを目的とする。 
授業計画 第1回 学生は以下の4つの個別テーマ(a、b、c、d)から一つを選択する。テーマの選択のため本講義前に説明会を実施する。
<テーマa防波堤の設計、b地域環境計画の策定、c鉄筋コンクリート構造物の性能設計とその評価、d地理情報に基づく輸送リスクシミュレーション>
  
第2回 
  a.防波堤の設計
  b. 地域環境計画枠組の策定
  c. 耐久性設計
 d. GISの基礎(ポリゴンと属性テーブル)
第3回 
  a.波浪条件の設定1 
  b. 現地調査方法の計画・実施
  c. CO2排出量の削減設計
  d. メッシュデータ・属性テーブルの結合演習


第4回  
  a.波浪条件の設定2
  b. 原単位法の計画
 c. コスト削減設計
  d. ネットワークデータ上の空間解析  
第5回  
  a.波浪条件の設定3
  b. 原単位法の計算実施(1)家庭・事業所等の排水
  c. 安全性設計
  d. 仮説の立案と検証
第6回  
  a.防波堤見学(中国地方整備局)
 b. 原単位法の計算実施(2)家庭・事業所等の排水
  c. 軽量化設計
  d. 空間解析演習
第7回  
  a.防波堤の設計1 耐波設計
  b. 原単位法の計算実施(3)ノンポイント汚染
 c. 文献調査と設計案検討
  d. 空間解析演習
第8回  
  a.防波堤の設計2 滑動と転倒
  b. 流量調査方法の計画
 c. 設計案の発表
  d. リスク評価基礎論
第9回  
  a.地盤改良1 土質条件・土の三軸試験
  b. 流量調査の実施(1)モデルの策定
 c. 設計に基づいたコンクリートの打込み
  d. 経路探索と経路リスクの定量化
第10回
  a.地盤改良2 改良工法の設定
  b. 流量調査の実施(2)計算実施
 c. 耐久性試験開始
  d. シミュレーションシナリオのブレインストーミング
第11回
  a.施工と積算
   b. 流量調査の実施(3)計算実施
  c. RCはり載荷および結果のとりまとめ
   d. リスク評価演習
第12回
  a.設計結果の発表
  b. 流達負荷量の推定(1)原単位法による推定
 c. 物性試験
  d. リスク評価演習
第13回
  a.製図及び模型製作
   b. 流達負荷量の推定(2)現地調査に基づく推定
   c. 班ごとの発表および討議
   d. リスク評価演習
第14回
  a.水理模型実験による安定性の確認
  b. 環境計画の策定
 c. 班ごとの発表および討議
  d. とりまとめ発表練習
  
第15回 
  全体プレゼンテーション
 
教科書・参考書等 教科書はないが、必要に応じて資料を配付する。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
本講義は学生自らが工夫し、その成果を設計に反映させることが強く求められる。すでに専門科目で学習した知識を活用するとともに、設計ではまだ習っていない知識も必要になる。自ら幅広く調べ工夫するなど積極的な参加を期待する。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 授業の各段階でのレポートと参加態度(積極性)、最終提出物とプレゼンテーションにより100点満点で評価を行い、60点以上で単位を認める。 
メッセージ 本講義は社会基盤環境工学プログラムの最も重要な科目の一つであり,積極的に取り組むことにより,社会基盤整備に携わる際に直面する様々な問題に自らの判断において総合的に対処できる力を育成することを目標としています.新しい科目ですが、教員も本講義をよりよいものにするため全力で取り組みますが、学生の積極的な参加と改善のための意見を歓迎します。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ