広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 工学部
講義コード K8907040 科目区分 専門教育科目
授業科目名 維持管理工学
授業科目名
(フリガナ)
イジカンリコウガク
英文授業科目名 Maintenance Engineering of Structures
担当教員名 担当教員未定,土田 孝
担当教員名
(フリガナ)
タントウキョウインミテイ,ツチダ タカシ
開講キャンパス 東広島 開設期 4年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 木7-8:工108
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、演習中心、板書多用、ディスカッション、学生の発表、野外実習、作業、薬品使用 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 25 : 土木工学
対象学生 4年生前期
授業のキーワード 道路、維持管理、高速道路、ITS、国土交通省、社会基盤整備事業 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等  社会基盤施設は、建設の時代から本格的な維持管理の時代へと変化している。代表的な社会基盤施設である道路を取り上げ、整備および維持と管理の実務を理解する。道路を合理的に維持・管理していくための最新の技術を理解する。最新の道路施策の動向を通じて、我が国における社会基盤整備の方向性を見通し、地域や国土の課題解決を図るマネジメントの視点を養う。 
授業計画 第1回 社会基盤整備の歴史と役割

第2回 社会基盤整備の仕組み(道路を中心に)
第3回 建設業と公共事業の課題と今後の展望

第4回 道路の維持管理と防災対策

第5回 道路整備と維持管理の実際1(現場見学)

第6回 道路整備と維持管理の実際1(現場見学)

第7回 高速道路の整備と維持管理


第8回 道路整備と維持管理の実際2(現場見学)
第9回 道路整備と維持管理の実際2(現場見学)
第10回 ITSによる道路管理の高度化

第11回 道路の渋滞対策と交通安全対策

第12回 道路と他の交通モードとの連携

第13回 身近な道路施策と地域との連携
第14回 社会基盤整備事業における海外展開

第15回 広島都市圏における道路の課題と施策 
教科書・参考書等 配付資料、PC(パワーポイント) 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
種々の観点から道路整備等に関する問題、現状について調査し、理解を深めること。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 小テスト(5回,1回10点満点)とレポート(50点満点)を総合し、100点満点で評価する。60点以上を合格とし単位を認める。 
メッセージ 道路の整備や管理の実務に触れられる科目である。公務員、高速道路会社、建設会社、道路分野を専門とするコンサルタントなどの進路を考えている学生にとって、実務を知るという点で役に立つと考える。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ