広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 工学部
講義コード K8815040 科目区分 専門教育科目
授業科目名 構造強度学
授業科目名
(フリガナ)
コウゾウキョウドガク
英文授業科目名 Strength of Structures
担当教員名 田中 智行,北村 充
担当教員名
(フリガナ)
タナカ サトユキ,キタムラ ミツル
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 木1-4:工104
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 25 : 総合工学
対象学生 工学部第四類(建設・環境系)輸送機器環境工学プログラム3年生
授業のキーワード 構造解析,構造設計,降伏強度,座屈強度,疲労強度 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
輸送機器環境工学プログラムの輸送機器工学課程の選択必修科目である.「構造工学」専門細目分野の授業科目である. 
到達度評価
の評価項目
輸送機器環境工学プログラム
(知識・理解)
・構造工学分野 輸送機器環境工学に関わる構造工学分野の専門知識
(能力・技能)
・構造工学分野 輸送機器環境工学に関わる構造工学分野の専門知識を問題解決に応用できる能力 
授業の目標・概要等 1.船舶,航空機など各種構造物の設計を行うために必要な構造物の強度を学ぶ(C問題構成力)
2.材料力学,構造力学,構造解析学などの数理計算に基づいて,構造物の強度的な問題点を認識できる.(B問題発見力)
3.種々の破損モードについて,荷重と強度の関係を勘案して構造物の安全性を評価できる.(E評価力)

なお,「知識・理解」,「能力・技能」の評価項目は,下記のとおりである。
輸送機器環境工学プログラム中の以下の評価項目に関係する.
(B) 問題発見力:国際社会,地域社会における自然と人間とのかかわりを理解し,問題点を認識できる能力
(C) 問題構成力:問題を論理的に整理し,技術的問題を構成できる能力
(E) 評価力:複数の解決案を提案し,その結果を予測して,優劣を評価できる能力 
授業計画 はりの座屈
材料の降伏
FEMプログラムの解説 (その1)
トラス構造物の構造設計 (その1)
トラス構造物の構造設計 (その2)
トラス構造物の構造設計 (その3)
トラス構造物の構造設計 (その4)
応力集中問題 (その1)
応力集中問題 (その2)
FEMプログラムの解説 (その2)
平面構造物の構造設計 (その1)
平面構造物の構造設計 (その2)
平面構造物の構造設計 (その3)
平面構造物の構造設計 (その4)
期末試験

課題 
教科書・参考書等 適宜に配布する.
 
授業で使用する
メディア・機器等
黒板,テキスト,配付資料,PC持参 
予習・復習への
アドバイス
授業の欠席や遅刻により,全く理解できなくなる.毎回,必ず出席し,真剣に受講することが重要である. 
履修上の注意
受講条件等
構造解析学は水曜日の1コマに,構造強度学は水曜日の2コマに組まれているが,実際の授業は同一科目を1・2コマ連続で行う.詳しい説明は,初回授業にて説明する.初回は必ず出席すること. 
成績評価の基準等 レボートと最終課題による100点満点で評価する.60点以上を合格とし単位を認める. 
メッセージ 出席回数が2/3に満たない学生は成績評価において欠席と判断する.遅刻は出席扱いにならない. 
その他 各自が持参するPCを用いて授業を実施する. 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ