広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 工学部
講義コード K8241040 科目区分 専門教育科目
授業科目名 都市計画
授業科目名
(フリガナ)
トシケイカク
英文授業科目名 Town Planning
担当教員名 田中 貴宏
担当教員名
(フリガナ)
タナカ タカヒロ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 水5-6:工104
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 25 : 建築学
対象学生 2年生 後期
授業のキーワード まちづくり、都市計画、環境と防災、都市の歴史 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
将来、都市計画分野に進む人のみならず、建築計画、建築構造といった分野に進む人も、都市の構成に一部に携わるという意識を持ちながら仕事をおこなう必要があるため、専門基礎科目に位置づけられている。具体的には、都市計画的知識を、事例を通じながら学ぶ。 
到達度評価
の評価項目
建築プログラム
(知識・理解)
・人類の幸福に貢献できる人材育成(・日本の社会や国際的に問題となっている事例を挙げ,その内容について説明することが出来る。また,それに対して自分の意見を述べることが出来る。・社会人として,自分の進むべき方向をグローバルな立場で適確に判断するためのバックグラウンドとなる人文・社会科学的教養を身につけている。)に関する理解
(能力・技能)
・建築専門知識・能力の育成( (1)総合的で基礎的な知識・能力 イ)建築設計・計画学関連の基礎的な知識・能力)に関する理解
(総合的な力)
・デザイン能力の育成(・与えられた課題に対し,多くの側面から予想される問題点を指摘し,その解決に向けた方法を提案することが出来る。・卒業論文において,研究の社会的位置付けを理解し,的確な研究構想を立てることができる。)に関する理解 
授業の目標・概要等 市計画(本講義の「都市計画」は建築物周辺の空間計画を含む)への関心を喚起し、その基礎的な知識を養う。海外事例や身近で具体的な事例等を通して、都市計画の歴史、制度、技法、課題について理解することを目的とする。授業の中で行うレポート、期末に行う試験で評価を行う。また、授業の中で可能な範囲でのディスカッションも行う。 
授業計画 第1回 イントロダクション:「都市」とは?(都市の定義)、都市の構造
第2回 現代都市の問題:都市化、人口減少と高齢化
第3回 都市と都市計画の歴史:近代までの都市と都市計画、近代の都市と都市計画
第4回 都市計画の基本(1):土地利用/都市開発/都市施設、促進と抑制、計画の効果と問題、都市計画と建築、都市政策と都市計画
第5回 都市計画の基本(2):交通・緑地・オープンスペース等の計画
第6回 都市計画の基本(3):都市計画と環境・防災
第7回 日本の都市計画制度(1):無秩序な開発・拡大の抑制(都市計画区域、市街化区域/同調整区域)、開発許可制度、土地利用の計画と制御(用途地域等)
第8回 日本の都市計画制度(2):都市施設の整備、土地区画整理事業、市街地再開発事業
第9回 日本の都市計画制度(3):地区計画制度
第10回 都市のマスタープラン:賀茂学園都市建設計画について
第11回 都市計画関係業務の実際
第12回 諸外国の都市計画(1):米国、欧州諸国の主要都市の現状と課題
第13回 諸外国の都市計画(2):アジア諸国の主要都市の現状と課題
第14回 これからの都市づくり:都市の形、環境と防災、住民参加と合意形成
第15回 総括・ディスカッション:今日の都市計画における課題

期末試験を実施するとともに、毎回ミニレポートを実施する。 
教科書・参考書等 教科書:「入門 都市計画」(森北出版)。
その他に必要な資料は講義時間に配布する。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
第1-15回を通して、教科書の当該箇所を参照し予習・復習を行うことが望ましい。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 期末試験(70%)、および毎回のミニレポート(30%)により、成績評価を行う。 
メッセージ 普段生活している都市の環境や、それをコントロールしている都市計画的仕組みについて、注意深く見てみてください。また、機会があれば積極的に色々な都市を見て、その構造を把握したり、その都市が抱える課題について考えてみてください。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ