広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 工学部
講義コード K8233040 科目区分 専門教育科目
授業科目名 建築材料実験
授業科目名
(フリガナ)
ケンチクザイリョウジッケン
英文授業科目名 Experiments on Building Materials
担当教員名 大久保 孝昭,寺本 篤史,宮津 裕次
担当教員名
(フリガナ)
オオクボ タカアキ,テラモト アツシ,ミヤヅ ユウジ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 水2-4:工106
授業の方法 実験 授業の方法
【詳細情報】
実験方法の解説,実験の実施,実験データの整理の組み合わせで実施します 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 25 : 建築学
対象学生 建築3年生
授業のキーワード 建築材料、コンクリート、鋼材、鉄筋コンクリート部材、力学性状、物理性状 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
建築物を構成する材料の基本物性試験方法について解説し、実際に実験を行う。建築物の設計や施工を実施するための基礎知識を習得させる。1グループ10人~15人の班を構成し、実験計画、実験の実施、実験データ分析という一連の作業を共同で実施させ、建築に関する総合的能力育成に加え、計画遂行能力と実行能力および協調性を養う。  
到達度評価
の評価項目
建築プログラム
(能力・技能)
・建築専門知識・能力の育成( (1)総合的で基礎的な知識・能力 ハ)建築構造学関連の基礎的な知識・能力)に関する理解
(総合的な力)
・自己啓発,研鑚能力の育成(・新しく発生した問題について,それに関連した情報や文献を検索収集できる。)に関する理解
・計画立案と遂行能力の育成(・各種課題を計画的に遂行し,期限内にその成果をとりまとめることが出来る。・実験,演習,卒業論文を通して,協同作業を体験する。)に関する理解 
授業の目標・概要等 以下の知識と能力を習得することを授業の目標とする。
(1) 建築材料の評価方法
(2) コンクリートの調合設計、強度性状、物理的資質の試験方法・評価方法を習得する。
(3) 鉄筋コンクリート部材の曲げ試験でコンクリートと鋼材の複合効果を修得する。
(3) 鋼材の強度試験方法・評価方法を習得する。
(4) 木材の強度試験方法・評価方法を習得する。
(5) 各種建築仕上げ材の試験法・評価法を習得する。
 
授業計画 下記の内容を15回に分けて実施する。受講者人数に応じてグループ分けして実験を行うため、講義の順序は前後する。


(1) 実験データ整理方法(実験値整理)
(2) セメント強度試験体作製・フロー試験・セメント強度試験
(3) 細骨材・粗骨材の粒度分析試験・単位容積質量試験・密度・吸水率試験・実積率
(4) コンクリートの調合・コンクリート練混ぜ・強度試験体作製・圧縮試験・曲げ試験
(5) 鉄筋コンクリート部材の曲げ試験
(6) 鋼材の強度試験・物理的性状の評価法
(7) 木材の強度試験
(8) 建築仕上げ材の性能評価試験
(9) 鋼材の溶接
(10) 各種試験方法の解説

講義形式は実験と実験方法の解説の組み合わせ
 
教科書・参考書等 テキスト:資料を配付する
参考書: 建築材料実験用教材、日本建築学会
建築材料用教材(日本建築学会) 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
毎回:必ず、予習を行い、当日の実験内容、実験方法を把握しておくこと。
データ整理は必ず全員が行うこと
 
履修上の注意
受講条件等
実験に適した服装、履き物で受講すること。 
成績評価の基準等 「授業の目標」到達度はレポート及び口頭試問により評価する。成績評価も同様とし、配分はレポート(90%)、口頭試問(10%)とする。100点満点で評価し、60点以上を合格とする。 
メッセージ  
その他 授業の概要および授業の内容・計画等の欄に示した学習・教育目標の詳細については、学生便覧を参照されたい

 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ