広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 工学部
講義コード K8213040 科目区分 専門教育科目
授業科目名 鉄筋コンクリ-ト構造I
授業科目名
(フリガナ)
テツキンコンクリートコウゾウ 1
英文授業科目名 Reinforced Concrete Structure I
担当教員名 日比野 陽
担当教員名
(フリガナ)
ヒビノ ヨウ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 火7-8:工107
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心,演習中心 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 25 : 土木工学
対象学生 第四類 建築学課程および建築工学課程
授業のキーワード 鉄筋コンクリート構造,抵抗機構,曲げ強度,せん断強度 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
第四類専門科目に属し,建築構造・材料・生産の専門的知識能力を育成する科目である。
この授業の前提となる科目:建築一般構造,建築材料力学,建築構造力学I
この科目が役立つ応用科目:耐震構造,建築構造設計 
到達度評価
の評価項目
建築プログラム
(能力・技能)
・建築専門知識・能力の育成( (1)総合的で基礎的な知識・能力 ハ)建築構造学関連の基礎的な知識・能力)に関する理解 
授業の目標・概要等 鉄筋とコンクリートの材料特性および梁,柱の水平,鉛直部材の基本的な力学的特性と設計法に関して計算例,設計例を具体的に解説し、基礎的知識を確実に習得させる。以下の知識と能力を習得することを授業の目標とする。
(1) 鉄筋コンクリート構造における許容応力度設計法の概念を理解できる。
(2) 曲げと軸力を受ける部材断面の曲げモーメントと曲率の関係を計算できる。
(3) 曲げと軸力を受ける部材の終局強度を計算できる。
(4) 曲げ及び軸力受ける部材の曲げ補強を設計できる。
(5) せん断を受ける部材のせん断補強を設計できる。  
授業計画 第1回 コンクリート構造の基礎知識
第2回 材料特性(鉄筋とコンクリートの性質)
第3回 コンクリート構造に要求される性能と設計手順
第4回 曲げモーメントを受ける梁(1) 曲率/平面保持仮定
第5回 曲げモーメントを受ける梁(2) 断面の釣り合い/曲げモーメント
第6回 曲げモーメントを受ける梁(3) ひび割れ強度/曲げモーメント曲率関係
第7回 曲げモーメントを受ける梁(4) 引張鉄筋比/釣合鉄筋比
第8回 曲げモーメントを受ける梁(5) 曲げ終局強度
第9回 中間試験
第10回 曲げモーメントと軸力を受ける柱(1) 断面の釣り合い/ひび割れ強度
第11回 曲げモーメントと軸力を受ける柱(2) 釣合軸力/N-M曲線/曲げ終局強度
第12回 せん断力を受ける梁・柱(1) せん断応力度/主応力度
第13回 せん断力を受ける梁・柱(2) せん断ひび割れ/アーチ機構
第14回 せん断力を受ける梁・柱(3) トラス機構/横補強筋比/せん断強度
第15回 せん断力を受ける梁・柱(4) 付着応力度/せん断終局強度

中間試験と期末試験を行い,適宜レポート課題を出題する。 
教科書・参考書等 教科書:市之瀬敏勝「鉄筋コンクリート構造」共立出版
参考書:日本建築学会「鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説」 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
教科書および配布資料を用いて,各回の授業内容の予習・復習を行い,講義内容を十分理解すること。以下に各回の教科書との対応箇所を示す。
第1回 第1章
第2回 第2章
第3回 第3章 
第4回 第4章(4.1) 
第5回 第4章(4.2)
第6回 第4章(4.3)
第7回 第4章(4.4)
第8回 第4章(4.4~4.6)
第10回 第4章(4.7)
第11回 第4章(4.8~4.10)
第12回 第5章(5.1)
第13回 第5章(5.2)
第14回 第5章(5.3~5.4)
第15回 第5章(5.4~5.5) 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 定期試験(80%程度)とレポート(20%程度)により100点満点で総合評価する。
60点以上を合格とする。 
メッセージ 質問等は随時受け付ける。  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ