広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 工学部
講義コード K8203040 科目区分 専門教育科目
授業科目名 建築一般構造
授業科目名
(フリガナ)
ケンチクイッパンコウゾウ
英文授業科目名 Introduction of Building Structure
担当教員名 大久保 孝昭,中村 尚弘,三浦 弘之
担当教員名
(フリガナ)
オオクボ タカアキ,ナカムラ ナオヒロ,ミウラ ヒロユキ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 月5-6:工104
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、板書とスライドを併用した講義。学生への質疑を適宜行う。 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 25 : 建築学
対象学生 建築2年生
授業のキーワード 構法、収まり、鉄筋コンクリート構造、鉄骨構造、木造 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
建築設計製図のために建築構造に関する一般的な事項を講義する。地盤・基礎・鋼構造,鉄筋コンクリート構造,木構造等の構造計画・構造デザインを行うのに必要な基本的事項および屋根,床,壁,天井等の建築部位のおさまりの基本についてわかりやすく説明する。本講義の関連するJABEE学習・教育目標(その他の欄参照)は、 建築構造・材料・生産の専門知識能力の育成である。 
到達度評価
の評価項目
建築プログラム
(能力・技能)
・建築専門知識・能力の育成( (1)総合的で基礎的な知識・能力 ハ)建築構造学関連の基礎的な知識・能力)に関する理解 
授業の目標・概要等 以下の知識と能力を習得することを授業の目標とする。
(1) 荷重外力・構造原理、シェル・空間構造の基本事項を理解する。
(2) 地盤・基礎の基本事項を理解する。
(3) 木質構造の基本事項を理解する。
(4) 鉄骨構造の基本事項を理解する。
(5) 鉄筋コンクリート・鉄骨鉄筋コンクリート構造などの基本事項を理解する。
(6) 木構造の各部位およびそのおさまりに関する基本
事項を理解する。
 
授業計画 第1回 /講義ガイダンス/建築構法/建築工法/各種建築基準構造種別の選択
第2回 /地震発生のメカニズム/震度階/設計用入力地震動/地域係数/
第3回 /基礎構造計画/土圧・基礎の支持力/杭基礎の種別
第4回 /荷重分類とモデル化/構造物のモデル化/
第5回 /安定原理/抵抗機構/構造原理
第6回 /鉄骨構造の基本1 骨組形式/鋼材の種類/骨組設計例の解説/耐震設計
第7回 /鉄骨構造の基本2 骨組設計例の解説/継手/仕口/筋交い/免震・制振

第8回 /構造デザイン1 ラーメン構造/チューブ構造/コア構造/壁式構造など
第9回 /構造デザイン2 アーチ構造/シェル構造/平面・立体トラス構造
/折板構造/テンション構造/膜構造など
第10回 /木造の基本1  在来軸組工法/
第11回 /木造の基本2/枠組壁工法/継手/仕口/
第12回 /洋風小屋組/木質系プレハブ/集成材構造/工業化住宅/住宅設計例/
第13回 /RC構造の基本1 構造原理/配筋/型枠/構造部材の種類/柱/はり
第14回 /RC構造の基本2 壁/床/設計例の解説/その他の構造(SRC,PC,メーソンリー)の基本
    
第15回 /各種建築部位 屋根/床/壁/天井/階段・手摺り/建具/建具金物/設備備品/工業化住宅/外構/

試験は前半部分(中間試験)と後半部分(期末試験)の2回に分けて実施する。 
教科書・参考書等 テキスト:,建築構造用教材(日本建築学会)を使用。他に適宜、資料を配付 
授業で使用する
メディア・機器等
講義形式で、板書およびスライド(OHP)を多用する。 
予習・復習への
アドバイス
毎回、テキストに示されている図面を予習・復習すること。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 中間試験と期末試験を合算して100点満点で評価し、60点以上を合格とする。 
メッセージ  
その他  授業の概要および授業の内容・計画等の欄に示した学習・教育目標の詳細については、学生便覧または「関連URL1」を参照されたい
http://home.hiroshima-u.ac.jp/kengr/TOCFrame.htm 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ