広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 工学部
講義コード K8173040 科目区分 専門教育科目
授業科目名 計算アルゴリズム演習
授業科目名
(フリガナ)
ケイサンアルゴリズムエンシュウ
英文授業科目名 Exercises in Algorithm
担当教員名 塚井 誠人,内田 龍彦,中下 慎也
担当教員名
(フリガナ)
ツカイ マコト,ウチダ タツヒコ,ナカシタ シンヤ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 月7-9
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 25 : 土木工学
対象学生 社会基盤環境工学プログラム2年次生
授業のキーワード アルゴリズム,計算 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
本科目は,広島大学社会基盤環境工学プログラムの教育・学習目標のうち,E:評価力,F:伝達する能力,G:実行力・解決力に係わっている. 
到達度評価
の評価項目
社会基盤環境工学プログラム
(総合的な力)
・評価力
・伝達する能力
・実行力・解決力 
授業の目標・概要等 要求した機能を満たすプログラムが「動く」ことと,処理ステップが「説明できる」ことを到達目標とする. 
授業計画 第1回 ガイダンス:計算アルゴリズムの必要性(表計算ソフトを使った演習)
第2回 アルゴリズム概論:対話型アルゴリズムの要件と設計:入力,論理演算,ループ,出力,フローチャート
第3回 データとグラフ:グラフの作成と読解による法則性の発見(演習課題:統計グラフ作成とレポート)
第4回 プログラミングとデバッグ:対話型アルゴリズムの読解(演習課題:デバッグ)
第5回 対話型アルゴリズム(1):対話型アルゴリズムの作成
第6回 対話型アルゴリズム(2):対話型アルゴリズムの改良
(演習課題:対話型アルゴリズム)
第7回 サブルーチンと配列:サブルーチンの設計・変数情報の引き渡し
第8回 計算プログラム読解(1):測量データ処理プログラム(三角測量の一般近似法,または座標変換)
第9回 計算プログラム読解(2):回帰分析のプログラム(掃き出し法)(演習課題:プログラム変数の挙動確認)
第10回 計算プログラム読解(2):ダイクストラ法
第11回 プログラム作成(1):最尤法とNewton-Raphson法の解説
第12回 プログラム作成(2):Newton-Raphson法のフローチャート作成
第13回 プログラム作成(3):Newton-Raphson法のプログラミング
第14回 プログラム改良:NR法の多変数化,情報量行列を使用したt値の計算(演習課題:NR法プログラム/課題達成型)
第15回 プログラム言語論:数値計算用(Fortran,C)/マトリクス演算用(Rなど)/オブジェクトベースプログラム(VB,VC)

レポート課題提出:6回程度 
教科書・参考書等 プログラミングのための確率統計,オーム社 
授業で使用する
メディア・機器等
パワーポイント,レジュメ 
予習・復習への
アドバイス
2~7回:インターネットを通じてプログラミング技術の向上と活用を図ってください.
8~10回:実際に作動するプログラムについて,処理の流れを理解してください.
9~12回:非線形最適化手法の代表であるNewton Rapson法を学びつつ,演習します.積極的にインターネットを活用してください.
 
履修上の注意
受講条件等
この科目の基礎となる科目:測量学,線形代数
この科目を基礎とする科目:社会基盤環境デザインなど多数
レポートの課題は,難易度に応じて数段階設定する.
 
成績評価の基準等 ・出席は単位認定の条件とする.
・成績評価は,レポートおよび演習課題によって行う.
・レポート課題別に評価基準を設ける.評価基準は,事前に説明する. 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ