広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 工学部
講義コード K8065040 科目区分 専門教育科目
授業科目名 構造力学・演習
授業科目名
(フリガナ)
コウゾウリキガク・エンシュウ
英文授業科目名 Structural Mechanics and Exercises
担当教員名 竹澤 晃弘
担当教員名
(フリガナ)
タケザワ アキヒロ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 火1-4:工109
授業の方法 講義・演習 授業の方法
【詳細情報】
講義中心,演習中心,板書多用 
単位 3 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 25 : 総合工学
対象学生 第四類 輸送機器環境工学プログラムの2年生以上
授業のキーワード エネルギー原理,はりの変形,不静定構造物解析,ねじり,軸対称問題 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
輸送機器環境工学プログラム専門教育科目の選択必修科目である.輸送機器および環境システムの構造設計に不可欠な構造力学の基礎を修得する.3年次の弾性力学,振動学,構造解析学,構造強度学およびプロジェクト群科目の基礎として不可欠である. 
到達度評価
の評価項目
輸送機器環境工学プログラム
(知識・理解)
・構造工学分野 輸送機器環境工学に関わる構造工学分野の専門知識
(能力・技能)
・構造工学分野 輸送機器環境工学に関わる構造工学分野の専門知識を問題解決に応用できる能力 
授業の目標・概要等 材料力学で学んだ基礎知識の上にたって,はりの変位を求めるためのエネルギー原理およびそれを用いた不静定構造物の解析法の基礎,はりのねじり問題,柱の座屈問題について学ぶ. 
授業計画 第1回 講義:ガイダンス,仕事とひずみエネルギー 演習:材料力学の復習
第2回 講義:カスチリアーノの定理 演習:仕事とひずみエネルギー
第3回 講義:カスチリアーノの定理 演習:カスチリアーノの定理
第4回 講義:不静定はり 演習:カスチリアーノの定理
第5回 講義:不静定はり 演習:不静定はり
第6回 講義:不静定はり 演習:不静定はり
第7回 中間試験
第8回 講義:棒のねじり 演習:中間テストの解説
第9回 講義:棒のねじり 演習:棒のねじり
第10回 講義:棒のねじり 演習:棒のねじり
第10回 講義:棒のねじり 演習:棒のねじり
第10回 講義:棒のねじり 演習:棒のねじり
第12回 講義:柱の座屈 演習:柱の座屈
第12回 講義:柱の座屈 演習:柱の座屈
第15回 講義:講義のまとめ 演習:講義のまとめ

中間試験及び期末試験を実施する. 
教科書・参考書等 教科書
柴田・大谷・駒井・井上:材料力学の基礎(培風館)

 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料 
予習・復習への
アドバイス
・講義前には前回までの講義の復習をすること.
・演習の内容をうまく活用し,区切りごとに理解の程度を把握すること. 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 筆記試験およびレポート,出席により総合的に評価する. 
メッセージ 出席回数が2/3に満たない学生は成績評価において欠席と判断する.
また,遅刻状況によっては出席扱いとならない場合もあり得る. 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ