広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 工学部
講義コード K8054040 科目区分 専門教育科目
授業科目名 科学技術英語演習
授業科目名
(フリガナ)
カガクギジュツエイゴエンシュウ
英文授業科目名 Exercise of Technical English
担当教員名 田中 進,陸田 秀実,肥後 靖
担当教員名
(フリガナ)
タナカ ススム,ムツダ ヒデミ,ヒゴ ヤスシ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 木5-6:工108,工109,工110
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、ディスカッション、学生の発表 
単位 1 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 25 : 総合工学
対象学生 工学部第四類輸送機器環境工学プログラムの3年次生
授業のキーワード 科学技術英語,英文読解,英作文,英語発表 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
本演習によって,専門分野の英文内容を正しく理解し,伝達する基礎を養う. 
到達度評価
の評価項目
輸送機器環境工学プログラム
(総合的な力)
・コミュニケーション力と伝達力 エンジニア・研究者として必要なコミュニケーション力と情報伝達力 
授業の目標・概要等 専門分野に関する技術英語の基礎を学習する.なお「コミュニケーション力と伝達力」(E)の評価項目は,下記のとおりである.
・国際社会で活躍できるエンジニア・研究者に必要な外国語のリーディング・ライティング,オーラルプレゼンテーションの基礎能力を身に付ける. 
授業計画 第1回 ガイダンス,班分け~以下の課題を3つの班に分かれ,各班ごとに順次ローテンションして履修する.
第2回 技術英語のReading1(担当:田中(進))~TOEICや専門基礎分野の英文
第3回 技術英語のReading1(担当:田中(進))~TOEICや専門基礎分野の英文
第4回 技術英語のReading2(担当:陸田)~TOEICや専門分野の英文
第5回 技術英語のReading2(担当:陸田)~TOEICや専門分野の英文
第6回 技術英語のWriting(担当:肥後)
第7回 技術英語のWriting(担当:肥後)
第8回 中間試験(技術英語のReadingおよびWriting)
第9回 Presentation要点の共通ガイダンス(担当:肥後)
第10回 技術英語のReading1(担当:田中(進))~TOEICや専門基礎分野の英文
第11回 技術英語のReading1(担当:田中(進))~TOEICや専門基礎分野の英文
第12回 技術英語のReading2(担当:陸田)~TOEICや専門分野の英文
第13回 技術英語のReading2(担当:陸田)~TOEICや専門分野の英文
第14回 技術英語の発表(担当:肥後)~パワーポイント等を利用した発表
第15回 技術英語の発表(担当:肥後)~パワーポイント等を利用した発表

・試験;第2回-第7回の内容理解を確認するための中間試験(技術英語のReadingおよびWriting問題)を第8回目に,第10回-第13回の内容理解を確認するための期末試験(英語表現問題)を第16回目に実施する.
・レポート;第2回~第8回の間に1~2回程度のレポート課題を課す. 
教科書・参考書等 適宜資料を配布する. 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,音声教材,映像(PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
・配布資料中の知らない単語は辞書で確認して語彙力をアップする.
・TOEIC等の音声教材を利用して文法およびListening能力を向上させる. 
履修上の注意
受講条件等
演習科目であり,全ての授業に出席することを原則とする.授業開始時に出席を取るが,それ以降の参加は出席と見なさない. 
成績評価の基準等 授業中の課題・レポート・プレゼンテーション(60点),中間試験・期末試験(40点)による100点満点で総合評価し,60点以上に単位を認める. 
メッセージ  
その他 平成21年度入学生から,工学部では「TOEIC(R)(TOEIC(R)-IP、カレッジTOEIC(R)を含む)400点以上、TOEFL(R)-PBT437点以上、TOEFL(R)-iBT41点以上取得、または、工業英検3級に合格」が卒業要件化されている.
例年1月末ごろに,「工業英検3級」の試験(学内で実施,任意,有料)が実施されている. 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ