広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 工学部
講義コード K8053040 科目区分 専門教育科目
授業科目名 産業技術と技術者の倫理
授業科目名
(フリガナ)
サンギョウギジュツトギジュツシャノリンリ
英文授業科目名 Industry, Technology and Engineer's Ethics
担当教員名 藤本 由紀夫
担当教員名
(フリガナ)
フジモト ユキオ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 火5-6:工104
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義
技術者倫理課題調査発表(グループ発表) 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 25 : 総合工学
対象学生  
授業のキーワード 社会における技術と技術者、倫理、企業、起業、公共事業、環境、国際化   
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
卒業後、プログラムの中で修得した専門知識と技術を、専門職技術者として広い視野の下に社会で最大限活かすために用意された科目です。 
到達度評価
の評価項目
輸送機器環境工学プログラム
(知識・理解)
・教養科目 自然科学・人文・社会の3分野の視野から、総合的な知識を習得,および倫理観に関する理解
(能力・技能)
・教養科目 自然科学・人文・社会の3分野の視野から、多面的に物事を考える能力 
授業の目標・概要等 講義、グループにより倫理問題の分析検討、発表と討論等を通じて、倫理問題に関する理解と具体的な対応力を涵養する。
1.技術と産業、社会の発展を通覧しつつ、技術者の役割と社会的地位を跡付け、技術者の責任と守るべき倫理について概説する。
2.特に、科学技術の役割が重要になっている現代の事例を採り出し、技術者が専門家として所属する企業、公共的組織の中で、人類的な視点から人間と社会の発展に寄与するために必要とされる倫理的責任を明確化し、色々な倫理的規範を参考にして可能な対応を評価する方法を学ぶ。
3.事例の倫理的問題を整理し、対応策について説明し、合意を形成しながら解決にあたる能力を与える。

なお,「知識・理解」,「能力・技能」の評価項目は,下記のとおりである。
1.専門職技術者としての倫理課題を理解する(A:教養・視野の広さ)
2.社会問題と技術課題との関わりを理解する(A:教養・視野の広さ)
3.技術に関わる社会問題を分析し評価する(A:教養・視野の広さ) 
授業計画 第1回  倫理規定と技術者の義務
第2回  仕事のミスと倫理違反
第3回  環境問題と倫理
第4回  技術者とプロフェッショナルの本質
第5回  倫理自主研究(技術者倫理はなぜ必要か、「勝利が正義」と倫理の関係、グローバル化に伴う倫理の推移)
第6回  安全の倫理
第7回  集団思考と技術者の自律
第8回  アントレプレナーシップ
第9回  公益通報、PL法、知的財産
第10回 倫理と技術者の地位向上
第11回 グループ調査報告課題の検討
第12回 グループ報告課題の調査
第13回 課題発表
第14回 課題発表
第15回 課題発表

毎回出席をとる。授業計画の各回の講義内容の順番は入れ替わることがある。 
教科書・参考書等 テキスト配布
参考書:札野順著「技術者倫理」放送大学教育振興会発行

 
授業で使用する
メディア・機器等
PCプロジェクター使用
 
予習・復習への
アドバイス
(1)将来専門職技術者として遭遇するであろう倫理問題に関心を持ち、過去の事故、事   件の事例を各自調査する。特に、事故と倫理の深い関わりについて分析する。
(2)最近の事例で倫理に関連した社会問題について考えてみる。特に、技術者倫理と企業倫理の相克という観点から考えてみる。
(3)技術者倫理に関連する、規約、企業綱領、倫理規定などを調べる。
(4)技術者倫理に対する国別の考え方の違いを調べる。
(5)技術の国際化と技術移転に際して要請される技術者倫理について考える。
(6)著作、特許、商標等の知的財産保護の仕組みを各自調査する。
 
履修上の注意
受講条件等
講義的な科目ではあるが、グループ毎に適切なトピックスを採り上げ、事例分析を行ない、発表し、討論することを通じて具体的に倫理問題への対処を体験させる。講義の他に、2回程度のレポートを予定(作成に10時間程度必要).テーマ調査とプレゼンテーションをグループ毎に行う(準備に10時間程度必要) 
成績評価の基準等 出席、レポート、グループ発表の結果により総合評価する。60点以上を合格として単位を認める。 
メッセージ 科学技術の高度化と影響の全面化を通じて技術者の倫理問題はきわめて重要になりつつあり、特に産業的社会的システムの計画、建設、運用に際しては社会的合意形成が重要で、それには技術者に対する倫理的信任が欠かせない。この講義を通じて、倫理問題に関心を持ち、対応力を養うことを期待する。  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ