広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 工学部
講義コード K6024020 科目区分 専門教育科目
授業科目名 エネルギーと情報システム応用概論
授業科目名
(フリガナ)
エネルギートジョウホウシステムオウヨウガイロン
英文授業科目名 Introduction to Applications of Energy and information systems
担当教員名 辻 敏夫,造賀 芳文,佐々木 守,西田 宗弘,亀井 清華
担当教員名
(フリガナ)
ツジ トシオ,ゾウカ ヨシフミ,ササキ マモル,ニシダ ムネヒロ,カメイ サヤカ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 月7-8,木7-8:工107
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、ディスカッション、学生の発表 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 25 : 総合工学
対象学生  
授業のキーワード システム基礎論(物性工学,集積システム,電気回路・エネルギー,計測制御,システム計画管理,コンピュータ,情報数理) 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
電気・電子・システム・情報系プログラム
(知識・理解)
・エンジニアとして基本的に備わっていることが必要とされる,社会と技術の関わりに関する理解,および倫理観。
・電気,電子,システム,情報分野の技術に関する全般的な理解・知識,およびこれらの分野に共通の基礎的な知識。 
授業の目標・概要等 工学部第二類各教員が、それぞれの教科に関する視点から電気・電子・システム・情報工学分野の技術と社会の関わりをとらえるために、エレクトロニクスやソフトウェアの実社会での応用に関連した教養的内容を概説する。  
授業計画 第1回 システム制御概論 ~「制御工学」を知る~(山本)
身の回りの制御技術を取り上げ,システム制御の基本概念を概説すると共に,産業界における応用例を紹介しながら,制御の果たす役割を考える。
第2回 ビジュアル情報処理とコンピュータグラフィックス(金田)
情報化社会の重要なメディアである画像・映像をつくりだす技術であるコンピュータグラフィックスについて概説する.
第3回 情報倫理(西村)
情報倫理について解説する。
第4回 組み込みシステム(伊藤)
組込みシステム開発に関する内容を説明する。具体的にはスマートフォンに搭載されているセンサを用いた組込みシステム開発や超小型PCのRaspberry Piを用いた組込みシステム開発の説明を行う。
第5回 暗号・認証とその応用(中西)
暗号・認証技術の基本概念を紹介するとともに, 通信ネットワークで実際に使用されている応用システムについても説明する.
第6回 Webにおける情報検索(亀井)
Webにおける情報検索について説明する。また、情報推薦システムや検索個人化手法といった個々のユーザの興味を意識した技術についても説明する。 
第7回 リアルタイム画像処理(小出)
リアルタイム画像処理について概説する。
第8回 リアルタイム画像処理(小出)
リアルタイム画像処理について概説する。
第9回 社会におけるエレクトロニクス(藤島)
エレクトロニクスのトピックひとつをテーマにその応用を概説
第10回 有機・分子・バイオ材料とデバイス用(中島)
有機トランジスタ、有機メモリ、有機ELなどについての材料とデバイスについて紹介する。また、バイオデバイスやバイオ材料の医療応用についてもいくつか事例を紹介する。
第11回 光技術(角屋)
19世紀に確立した近代光技術は,その後も絶えることなく進化し,今なお革新的な様々な技術が生まれている.この講義では,最近の光技術を紹介する.
第12回 不確実性下の意思決定(西崎)
講義概要の説明後、不確実性下の意思決定問題に当面した意思決定者が体系的に推論し,行動するのを助けるために,意思決定者自身の判断と選好に整合する行動をどのように選択すべきかについて議論する.
第13回 効率的生産のしくみ(高橋)
効率的生産実現のため,従来の生産のしくみに加え,最近話題の生産のしくみとそれらを効率化する管理の方法について述べる。 
第14回 人間機能拡張:人の生活を豊かにする運動支援とは(栗田)
人間の感覚や運動機能を工学的に再現するためのモデル化技術と,それを応用したシステムについて概説する
第15回 社会インフラとしての電力システム (造賀)
社会インフラとしての電力システムについて,その概要,基礎技術およびその応用について概説する。

第2回から6回は情報工学課程の担当教員が、7回から11回は電子システム課程の担当教員が、1回および12回から15回は電気制御システム課程の担当教員が授業を実施する。講義で取り上げるテーマの順番は入れ替わることもある。 
教科書・参考書等 必要に応じて資料が配布される. 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
各回の講義担当教員の指示に従うこと.  
履修上の注意
受講条件等
講義の順序は変更になる場合がある. 
成績評価の基準等 各回の授業において出題される課題(小テストまたは宿題)により評価する(100%). 
メッセージ 学期末に授業評価アンケートを実施します。回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力し,改善につなげていきます。
なお,受講者が著しく少ない場合などに,アンケートを実施しないときがあります。  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ