広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 歯学部口腔健康科学科口腔保健学専攻
講義コード J1606140 科目区分 専門教育科目
授業科目名 実践専門英語演習
授業科目名
(フリガナ)
ジッセンセンモンエイゴエンシュウ
英文授業科目名 Practice of Biodental English
担当教員名 谷本 幸太郎
担当教員名
(フリガナ)
タニモト コウタロウ
開講キャンパス 開設期 3年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 火9-10
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、ディスカッション、学生の発表 
単位 1 週時間   使用言語 E : 英語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 歯学
対象学生 歯学科4年、口腔健康科学科3年
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
歯学プログラム
(能力・技能)
・歯科医師としてのコミュニケーション能力

口腔工学プログラム
(知識・理解)
・外国語と外国文化に関する知識・理解
(能力・技能)
・歯科医療従事者(歯科技工士)としてのコミュニケーション技術 
授業の目標・概要等 実践専門英語演習では,英語による科学プレゼンテーションや国際社会において必須となる英語によるコミュニケーション能力を養うことを目的とする。クラス分け試験によりクラスを決め、各クラスに合わせた演習を専任の英会話講師が行う。 
授業計画 クラス分け試験
Lesson1
Lesson2
Lesson3
Lesson4
Lesson5
Lesson6
Lesson7
Lesson8
Lesson9
Lesson10
Lesson11
Lesson12
Lesson13
Lesson14

試験
各クラスで毎回課題を課す。最終的にTOEIC形式の試験を行う。 
教科書・参考書等 チェアーサイドの歯科英会話(医歯薬出版株式会社:各クラス共通で使用するので、第1回の授業までに用意してください) 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材 
予習・復習への
アドバイス
各クラスで課される課題を集中して行ってください。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 各クラスで課される課題、小テスト、TOEICの取り組み姿勢を重視し、総合的に判断する。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ