広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 歯学部口腔健康科学科口腔保健学専攻
講義コード J1606110 科目区分 専門教育科目
授業科目名 卒業研究
授業科目名
(フリガナ)
ソツギョウケンキュウ
英文授業科目名 Special Study for Graduation
担当教員名 竹本 俊伸,杉山 勝,重石 英生,天野 秀昭
担当教員名
(フリガナ)
タケモト トシノブ,スギヤマ マサル,シゲイシ ヒデオ,アマノ ヒデアキ
開講キャンパス 開設期 3年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 集中
授業の方法 実験 授業の方法
【詳細情報】
「卒業研究発表」「卒業論文提出」という大きなプロダクトに向けて,指導教員の指導ものと,学生各自で研究を遂行する。研究方法は,実験研究,調査研究,疫学研究,症例研究,文献研究など,指導教員の指導に基づき,各自で決める。研究指導は,配属された各ゼミで決められた教員が行う。 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 歯学
対象学生 歯学部口腔保健学専攻3年生
授業のキーワード 研究能力 問題発見・解決 リサーチマインド 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
口腔保健を専門とする者にとって,リサーチマインドを持ち,正しい根拠に基づいた行動をとることは非常に重要である。また,様々な場面で,研究あるいは研究手技を必要とすることがある。本科目では,そのために必要な知識・技術・態度を習得するものである。 
到達度評価
の評価項目
口腔保健学プログラム
(総合的な力)
・歯科医療従事者として活動し,生涯にわたり学習する総合的な力 
授業の目標・概要等 口腔保健学における研究でのリーダーとして国際的に活躍するために必要な,研究の立案,実施および結果公表に関する基本的な知識・技術・態度を習得する。
 
授業計画 第5セメスター(3年前期)の始めに,簡単な説明を行います。
また,第5セメスター中(6月〜7月)に,卒業研究概論の授業と,ゼミ紹介,ガイダンスを行います(スケジュールは後日お知らせします)。
9月末:4年生の卒業研究発表会(予定)
10月初旬:希望ゼミ・希望研究テーマ提出
10月中旬:プレマッチングを経て,マッチングを行い,配属ゼミおよび指導教員を決定
マッチング後は各指導教員とのディスカッションで研究予定を立て,それに従った研究の遂行をして下さい。
11月後半:研究報告会(予定)

セメスター初めの希望ゼミ・研究テーマ提出は,機嫌厳守で行って下さい。
ゼミ配属後は,研究指導教員の指導に基づき,研究報告会に向けた準備を進めて下さい。
その後は,第8セメスターに予定されている「卒業研究発表」「卒業論文提出」を考慮に入れて,研究の進行をするようにして下さい。
 
教科書・参考書等 研究方法,研究内容により,学生ごとに大きく異なります。
随時,教員に相談し,さらに自学で探すなど,常に最新の情報を収集するように努めて下さい。 
授業で使用する
メディア・機器等
研究方法,研究内容により,学生ごとに大きく異なります。
指導教員とディスカッションして適宜決めて下さい。 
予習・復習への
アドバイス
卒業研究は,「卒業研究発表」「卒業論文提出」という2つの大きなプロダクトに向かって,学生各自が自主的に進める学習です。指導教員はその学習を「指導」として手助けするだけです。研究の遂行は皆さんが主体的に行いますので,常にモチベーションを高くもって学習して下さい。 
履修上の注意
受講条件等
研究内容・方法が様々なため,研究を行うスケジュールが学生ごとに大きく異なります。しばしば授業時間外での研究が組まれることがありますので,指導教員の指導に従って下さい。
研究の遂行にあたり,指導教員に指示に従わない場合,履修が認められないこともあります。 
成績評価の基準等 研究への取組み,進め方を総合的に評価します。
 
メッセージ 研究がしばしば授業時間外に行われます。課外活動,就職活動,アルバイトなどの予定があると思いますが,学生の本分はあくまで「学習」です。指導教員の指導のもと,常に学習を優先させるようにして下さい。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ