広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 歯学部口腔健康科学科口腔保健学専攻
講義コード J1606100 科目区分 専門教育科目
授業科目名 口腔保健衛生学臨床・臨地実習
授業科目名
(フリガナ)
コウクウホケンエイセイガクリンショウ・リンチジッシュウ
英文授業科目名 Clinical practice on oral health
担当教員名 天野 秀昭,杉山 勝,粟田 哲也,吉見 友希,重石 英生,麻川 由起,竹本 俊伸,松本 厚枝,谷本 幸太郎,國松 亮,西村 瑠美,廣瀬 尚人,上田 宏,加来 真人,仁井谷 善恵,深田 恵里
担当教員名
(フリガナ)
アマノ ヒデアキ,スギヤマ マサル,アワダ テツヤ,ヨシミ ユキ,シゲイシ ヒデオ,アサカワ ユキ,タケモト トシノブ,マツモト アツエ,タニモト コウタロウ,クニマツ リョウ,ニシムラ ルミ,ヒロセ ナオト,ウエダ ヒロシ,カク マサト,ニイタニ ヨシエ,フカダ エリ
開講キャンパス 開設期 3年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 集中
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
実習・演習中心 
単位 5 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 歯学
対象学生 歯学部口腔保健学専攻3年生
授業のキーワード 臨床実習 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
口腔保健学プログラム,口腔保健衛生学プログラムでこれまで学習した内容の総括となる応用的な学習です。歯科衛生士のプロフェッショナルになる上で欠かせない一歩ですので,しっかりと学んで下さい。 
到達度評価
の評価項目
口腔保健学プログラム
(能力・技能)
・歯科衛生士専門分野(歯科予防処置,歯科診療補助,歯科保健指導)を実践するために必要な能力と基本的技能
(総合的な力)
・チーム歯科医療としての歯科予防処置,歯科診療補助,歯科保健指導を行う基本としての総合的な力 
授業の目標・概要等 診療参加型の臨床実習を通して,口腔保健の臨床・教育・研究におけるリーダーになるために必要な,歯科診療補助,歯科予防処置,歯科保健指導の基本的な知識,技術および態度を習得する。 
授業計画 3年後期に学生ごとに異なる順序で各診療科,外部施設をローテーションします(期間全体を通してみれば,全学生はほぼ同じ実習内容を行うようになっています)。別途配布される予定表に従って学習して下さい。

臨床予備実習では筆記試験,実技試験(OSCE形式)を予定しています。 
教科書・参考書等 各診療科で指定されるものがあればそれに従って下さい。 
授業で使用する
メディア・機器等
各診療科の指導教員の指示に従って下さい。 
予習・復習への
アドバイス
各診療科での実習の前には,必ず,その実習内容に関して,過去に習った知識や技術を復習し,わからない点については解決しておいて下さい。
実習後は,必ず,そこでの気付きを振り返り,また,新たに得た知識や技術を確実にするとともに,生じた疑問点については,自学で解決しておいてください。 
履修上の注意
受講条件等
臨床の現場では,指導教員の指導をしっかりと聞いて,常に積極的な態度で学習するとともに,患者およびスタッフにとって,不快な身なりや態度,発言を厳に慎んで下さい。 
成績評価の基準等 臨床予備実習における実習態度および試験結果を統合して評価します。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ