広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 歯学部口腔健康科学科口腔保健学専攻
講義コード J1606030 科目区分 専門教育科目
授業科目名 口腔保健カウンセリング実習
授業科目名
(フリガナ)
コウクウホケンカウンセリングジッシュウ
英文授業科目名 Practice of oral Health Counseling
担当教員名 松本 厚枝,森川 早苗,藤原 奈津美
担当教員名
(フリガナ)
マツモト アツエ,モリカワ サナエ,フジワラ ナツミ
開講キャンパス 開設期 3年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 月5-8:歯デンタルスキルスラボ3,歯デンタルスキルスラボ4
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 歯学
対象学生 口腔健康科学科口腔保健学3年生
授業のキーワード カウンセリング 積極的傾聴 受容 歯科心身症 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
本授業は、臨床において関わる幅広い患者に対する係わり方を、保健・医療に携わるものとして、問題解決能力や自己実現のために実際に即して学び、知識として理解するだけでなくカウンセリングスキルを身につけることで精神的な健康と人間的な成熟をはかることが期待できる。また、カウンセリング能力は人間関係をスムースにするので、信頼関係により安全な医療へと繋がることを期待したい。 
到達度評価
の評価項目
口腔保健学プログラム
(能力・技能)
・歯科衛生士専門分野(歯科予防処置,歯科診療補助,歯科保健指導)を実践するために必要な能力と基本的技能 
授業の目標・概要等 一般目標GIO
患者中心の歯科医療を実施するために歯科診療時のカウンセリング的な対応を習得する。
到達目標SBOs
1.積極的傾聴が適確にできる。
2.受容と共感的態度を身につける。
3.対象別に口腔に関するカウンセリングテクニックを身につける。
4.問題解決学習の方法を身につける。
5.心理療法と心理テストと心理測定尺度の概要を説明できる。
6.口腔を用いたリラクセーション法の指導が適確にできる。
7.歯科心身症について説明ができる。
 
授業計画 第1回 カウンセリングについて(松本) 
第2回 積極的傾聴について(松本)
第3回 受容について 自己理解と他者理解(松本)
第4回 電話応対について リスニング実習1(松本)
第5回 アサーションについて(森川・松本)
第6回 アサーション演習(森川・松本)
第7回 問題解決学習 ブレインストーミング(松本)
第8回 ストレスマネジメントと生活習慣予防のためのリラクセーション法(松本)
第9回 筋弛緩法 口腔リラクセーション法について(松本)
第10回 心理療法について(松本)    
第11回 自律訓練法と系統的脱感作法などの心理療法について(松本)
第12回 妊婦の口腔に関するカウンセリング(松本)
第13回 心理テストについて(松本)
第14回 幼児期・児童期の口腔に関するカウンセリング 児童虐待(松本)
第15回 青年期の口腔に関するカウンセリング 摂食障害(松本)
第16回 成人の口腔に関するカウンセリングと禁煙支援カウンセリング(松本)
第17回 インプラント患者のカウンセリング(藤原・松本)
第18回 高齢者の口腔に関するカウンセリング(松本)
第19回 各種カウンセリングとグリーフケア(松本)  
第20回 歯科心身症について(松本)  
第21回 協調と助言トレーニング リーダーシップ能力(松本)
第22回 リスニング実習2(松本)
第23回  職場におけるスタッフ間のカウンセリングと人事管理(松本)
    コーチングについて(松本)

実習の最後に筆記テストを行う。

  
教科書・参考書等 参考書 最新歯科衛生士教本 心理学 全国歯科衛生士教育協議会 監修 医歯薬出版株式会社 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,映像(ビデオ/PC/その他画像資料)
ビデオ(本数3本)
ビデオ「ふれあいコミュニケーション」20分
    「あなたのためのコンディショニング」20分
    「あなたもできるリラクセーション」20分
 
予習・復習への
アドバイス
第1回 カウンセリングについて理解する。
第2回 積極的傾聴について理解する。
第3回 電話応対について理解する。リスニング実習により積極的傾聴を身につける。
第4回 受容についてと自己理解と他者理解について理解する。
第5回 アサーションについて説明することができる。
第6回 アサーションについて理解する。
第7回 ブレインストーミングにより問題解決学習を身につける。
第8回 ストレスとリラクセーション法について理解する。
第9回 筋弛緩法 口腔リラクセーション法について理解し説明ができる。
第10回 心理療法について理解し説明できる。    
第11回 自律訓練法と系統的脱感作法などの心理療法について理解する。
第12回 妊婦の口腔に関するカウンセリング能力を身につける。
第13回 心理テストの概要を理解する。
第14回 幼児期・児童期の口腔に関するカウンセリング能力を身につける。
第15回 青年期の口腔に関するカウンセリング能力を身につける。
第16回 成人の口腔に関するカウンセリング能力を身につける。
    禁煙支援カウンセリングについて理解する。
第17回 インプラント患者のカウンセリングを理解する。
第18回 高齢者の口腔に関するカウンセリング能力を身につける。
第19回 各種カウンセリングとグリーフケアを理解する。
第20回 歯科心身症について理解する。
第21回 協調と助言トレーニング リーダーシップ能力を身につける。
第22回 リスニング実習によりカウンセリング能力を身につける。
第23回 職場におけるスタッフ間のカウンセリングと人事管理について理解する。
 
履修上の注意
受講条件等
ペアまたはグループで実習を行うので、自己の健康管理を行い欠席しないこと。 
成績評価の基準等 筆記試験40%(程度)と提出レポート30%(程度)と実習態度30%(程度)にて評価する。 
メッセージ スキルを身につけるために実習で得たことを日常生活に取り入れ繰り返し練習しましょう。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ