広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 歯学部口腔健康科学科口腔保健学専攻
講義コード J1605010 科目区分 専門教育科目
授業科目名 歯科衛生統計
授業科目名
(フリガナ)
シカエイセイトウケイ
英文授業科目名 Statisitics on Dental Hygiene
担当教員名 杉山 勝,鶴田 圭伊子,笹原 妃佐子,島津 篤
担当教員名
(フリガナ)
スギヤマ マサル,ツルダ ケイコ,ササハラ ヒサコ,シマヅ アツシ
開講キャンパス 開設期 3年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 金5-6:歯大講義室
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、演習中心、板書多用、ディスカッション、学生の発表、野外実習、作業、薬品使用 
単位 1 週時間   使用言語 O : その他
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 歯学
対象学生 歯学部口腔健康科学科口腔保健学専攻
授業のキーワード 疫学,データ,統計,相関,リスク,スクリーニング 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
口腔保健学プログラム
(知識・理解)
・人の全身,歯,口腔の構造と機能に関する知識・理解
(能力・技能)
・情報を取捨選択し,論理的に整理し,発信する能力・技能 
授業の目標・概要等 科における疫学,統計の基礎を学ぶこと。
基本的な問題を解答出来ること。
 
授業計画 第1回 疫学概論(杉山)
第2回 基本統計量(島津)
第3回 分析結果の表示法(笹原)
第4回 統計的検定(鶴田)
第5回 分布中心の差の検定(鶴田)
第6回 相関(鶴田・島津)
第7回 健康に関わるリスク因子の影響の強さ(島津)
第8回 試験 
教科書・参考書等 教科書・参考書等 「口腔衛生学」学建書院。
「保健情報統計学」医歯薬出版。
「わかりやすいビジュアル歯科保健医療統計学」医歯薬出版。
その他、講義にて紹介する。
 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
毎回,予習・復習すると理解が深まります。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 特段の理由のない限り,毎回出席すること。
3分の2以上の出席をもって試験の受験資格とする。
試験において,知識と理解度の評価判定を行う。
必要に応じて口頭試問,レポートを課す場合がある。
成績は出席状況(授業中の態度を含む),試験を総合して評価する。
 
メッセージ  
その他 第6回目の授業にて、情報端末室を使用します。学生証を忘れないようにしてください。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ