広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 歯学部口腔健康科学科口腔保健学専攻
講義コード J1603150 科目区分 専門教育科目
授業科目名 口腔保健行動学実習 I
授業科目名
(フリガナ)
コウクウホケンコウドウガクジッシュウ 1
英文授業科目名 Practice of Oral health behavior
担当教員名 仁井谷 善恵
担当教員名
(フリガナ)
ニイタニ ヨシエ
開講キャンパス 開設期 2年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 水5-8:歯デンタルスキルスラボ3,歯デンタルスキルスラボ4
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、ディスカッション、学生の発表、作業、薬品使用 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 歯学
対象学生 口腔保健学専攻 2年生
授業のキーワード 歯科保健指導、口腔衛生管理 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
口腔保健学プログラム
(能力・技能)
・口腔保健学に関する問題発見と研究の計画立案・推進・結果分析・結果発表を行う能力と基本的技能 
授業の目標・概要等 歯科衛生士を目指す学生が健康な口腔を維持するために必要な口腔衛生管理技術、知識および態度を修得する。 
授業計画 第1回 概要説明、身だしなみの確認、口腔衛生管理技術実習(顎模型、舌模型、頬粘膜ファントム、人工歯垢等の取り扱いと基本的なブラッシング方法;スクラビング法、1歯3方向、ゴッドリーブ垂直法)、レポート(唾液検査、歯磨き圧測定、位相差顕微鏡観察)
第2回 ファントムにおける口腔衛生管理技術実習(ゴッドリーブ、タフトブラシ、フロス、スクラビング法、1歯3方向)、歯磨きの害等について、レポート(電動歯ブラシ;プリニア、NICE、システマ)
第3回 第1回2・3年合同実習(唾液検査、歯周組織検査、口腔内写真撮影)

第4回 12:50-15:20(2グループに分かれて同じ内容を行う、135分) ブラッシング方法の確認、自修;ファントムにおける電動歯ブラシ実習、レポート(指標について;OHI,PCR、PMA)
第5回 口腔衛生管理技術中間試験

第6回 自己・相互口腔内観察実習、自己口腔内衛生管理技術実習(スクラビング法、1歯3方向、ゴッドリーブ、フロス、タフトブラシ)、ユニットチェアの取扱い方法、文献検索手順について
第7回 口腔衛生管理技術相互・顎模型実習(PMA、PCR、全顎をスクラビング法で磨く。)、自修;歯ブラシ観察(市販品と歯科医院用)
第8回 第2回2・3年合同実習(歯科保健指導、位相差顕微鏡、歯磨き圧測定)
第9回 口腔衛生管理技術相互・顎模型実習(PMA、PCR、全顎を1歯3方向で磨く。)、自修;ファントムにおける電動歯ブラシ実習
第10回 歯磨き論文発表(質疑応答等を含め1人8分、発表資料等を6月24日までに提出する。)
第11回 口腔衛生管理技術相互・顎模型実習(PMA、PCR、臼歯をゴッドリーブ法で、全顎をフロスとタフトブラシで磨く。)、自修;矯正用模型、小児模型(フロススレッダー、スーパーフロス)、レポート(ジェット水流)
第12回 口腔衛生管理技術相互・顎模型実習(PMA、PCR、全顎を電動歯ブラシで磨く。)、自修;ジェット水流、レポート(合同自習時とその後の計時的変化について考察)
第13回 歯磨き前後の唾液中細菌変化分析実験,唾液検査、口腔内写真撮影、位相差顕微鏡観察、歯みがき圧測定、口腔内診査、PMA、PCR、レポート(唾液検査結果)
第14回 口腔衛生管理技術相互・顎模型実習(PMA、PCR、全顎をスクラビング法、1歯3方向で磨く。フロス、タフトブラシも使用する。臼歯をゴッドリーブ法で磨く。)、自修;小児用模型とインプラント用模型で歯ブラシ・フロスのあて方、義歯の取扱いと衛生管理方法について
第15回 口腔衛生管理技術・知識試験 
教科書・参考書等 最新歯科衛生士教本『歯科予防処置論・歯科保健指導論』(株)医歯薬出版 
歯ブラシ事典 学建書院 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
第1回 白衣を準備すること。
第2回 実習に適した身だしなみをすること。家庭で使用している歯ブラシ等を持参すること。
第3回 テキスト『歯科保健指導』p.12-19,121-125,135-151を熟読すること。
第4回 テキスト『歯科保健指導』p.125-129,.135-139を熟読すること。
第5回 実習資料を熟読すること。相互実習に適した身だしなみをすること。
第6回 これまで使用したテキストや実習資料を熟読し、口腔衛生管理技術を身に付けること。
第7回 実習資料を熟読すること。 歯ブラシによる口腔衛生管理技術を習熟すること。
第8回 実習資料を熟読すること。歯ブラシやフロス等各種口腔衛生用具による口腔衛生管理技術を習熟すること。
第9回 実習資料を熟読すること。電動歯ブラシによる口腔衛生管理技術を習熟すること。
第10回 実習資料を熟読すること。
第11回 実習資料を熟読すること。
第12回 実習資料を熟読すること。
第13回 実習資料を熟読すること。
第14回 自己の口腔衛生管理技術を習熟すること。
第15回 これまで使用したテキストや資料等を熟読し、口腔衛生管理技術を習熟すること。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 知識(試験)3割、技術(試験)3割、態度(試験、提出物)4割により評価します。 
メッセージ 体調管理に留意し、欠席しないで下さい。実習の進捗状況等により内容に変更がある場合は事前に連絡します。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ