広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 歯学部口腔健康科学科口腔保健学専攻
講義コード J1603110 科目区分 専門教育科目
授業科目名 修復系歯科学
授業科目名
(フリガナ)
シュウフクケイシカガク
英文授業科目名 Operative Dentistry
担当教員名 天野 秀昭
担当教員名
(フリガナ)
アマノ ヒデアキ
開講キャンパス 開設期 2年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 金7:歯第4講義室, (前) 金8
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 歯学
対象学生 口腔保健学科口腔保健衛生学専攻
授業のキーワード 歯科保存学 歯冠修復 審美歯科 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
歯科医療のベーシックな分野である保存修復について学び、臨床の基礎となる知識を得る。 
到達度評価
の評価項目
口腔保健学プログラム
(知識・理解)
・歯科衛生士専門分野(歯科予防処置,歯科診療補助,歯科保健指導)に関する知識・理解 
授業の目標・概要等 歯科医療のベーシックな分野である保存修復について学び、臨床の基礎となる知識を得る。 
授業計画 第1回 総論・口腔内診査法
第2回 う蝕と硬組織疾患
第3回 修復法1(充填処置)
第4回 修復法2(インレー修復等
第5回 審美修復1
第6回 休講予定
第7回 母親教室参加
第8回 修復法講義まとめ・問題提示
第9回 修復法ディスカッション
第10回 まとめ・試験 
教科書・参考書等 講義形式(講義中心)
使用する視聴覚教材の種類(パワーポイント等)
適時配布するプリントを良く読んで下さい。
新しく刊行されている修復学の書籍を読むのが役立ちます。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
第1回 概論を復習する事
第2回 細菌学などのう蝕に関する本を読んでおく
第3回 修復法の復習をして覚えておくこと
第4回 修復法の復習をして覚えておくこと
第5回 材料についての課題を提示する予定です
第6回 プリントを復習すること
第7回 プリントを復習すること
第8回 ディスカッションのために課題を仕上げておく
第9回 ディスカッションの経過で追加
第10回 良く復習してから試験に臨むこと 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 課題検討のレポートと試験結果を総合します 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ