広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 歯学部歯学科
講義コード J1509320 科目区分 専門教育科目
授業科目名 臨床歯科医学総合演習
授業科目名
(フリガナ)
リンショウシカイガクソウゴウエンシュウ
英文授業科目名 General Seminar on Clinical Dentistry
担当教員名 香西 克之,石通 宏行,吉田 啓太,土屋 志津,久保 忠彦,吉川 峰加,岡本 哲治,津賀 一弘,柴 秀樹,吉田 光由,谷本 幸太郎,水野 智仁,藤田 剛,峯岡 茜,向井 明里,安部倉 仁,虎谷 茂昭,阿部 泰彦,谷 亮治,上田 宏,加来 真人,二宮 嘉昭,吉田 充広,武知 正晃
担当教員名
(フリガナ)
コウザイ カツユキ,イシドオリ ヒロユキ,ヨシダ ケイタ,ツチヤ シヅ,クボ タダヒコ,ヨシカワ ミネカ,オカモト テツジ,ツガ カズヒロ,シバ ヒデキ,ヨシダ ミツヨシ,タニモト コウタロウ,ミズノ ノリヨシ,フジタ ツヨシ,ミネオカ アカネ,ムカイ アカリ,アベクラ ヒトシ,トラタニ シゲアキ,アベ ヤスヒコ,タニ リョウジ,ウエダ ヒロシ,カク マサト,ニノミヤ ヨシアキ,ヨシダ ミツヒロ,タケチ マサアキ
開講キャンパス 開設期 5年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 火5-8,木7-8:歯第6講義室
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習(講義あるいは実習形式)
歯周病態学/分子口腔医学・顎顔面外科学/歯科放射線学/歯科矯正学/健康増進歯学/口腔外科学/歯科麻酔学/小児歯科学/(各3回) //
先端歯科補綴学(6回)///計30回 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 歯学
対象学生 5年次生 臨床歯科医学コース
授業のキーワード 臨床歯科医学 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 臨床歯科医学コースを対象とした授業科目である。臨床系研究室が3回あるいは6回(先端歯科補綴学のみ6回),それぞれの分野における基本術式から最新医療の研究開発など幅広い内容を盛り込んで,講義,演習,実習と多彩な形式で授業を行う。必須の内容に関してはすでに共通科目である臨床基礎実習で行われているため,本演習ではより高度で深い内容のテーマやより実際の歯科臨床に即した内容の実習や講義を行うことによって,臨床実習の効率化を図り卒後臨床研修,将来の臨床への実践や研究への基盤として役立つ演習とする。
火 5・6コマ(12:50 −14:20)   6/16~7/28
火 7・8コマ(14:35-16:05) 6/16~7/28
木 7・8コマ(14:35-16:05) 4/9〜7/23
 
授業計画 (演習内容・日程予定,最終的な日程と内容予定表は1回目で配布する)
(4月の予定)
4月13日  小児歯科学  香西  本演習の概要・小児と成人の違いと歯科医療(講義)
4月20日 歯科放射線学  柿本  口腔画像診断について(講義)
4月27日 歯科放射線学  藤田  口腔癌の放射線治療について(講義)
   



(5月の予定)
5月11日 歯科放射線学 長﨑  嚥下機能検査について(講義)
5月18日 口腔外科学 二宮 インプラント治療(骨造成) (講義)  
5月25日 口腔外科学 二宮 インプラント治療の術式・トラブルケース(講義)  





(6月の予定)
6月1日  口腔外科学 武知・二宮 インプラント埋入 (演習)  
6月6日  先端歯科補綴学 森田 口腔の機能検査(講義)    
6月6日  先端歯科補綴学 吉田 高齢者歯科  (講義)    
6月8日  先端歯科補綴学 吉川 摂食嚥下障害への補綴学的アプローチ(講義)
6月13日  先端歯科補綴学 阿部      解剖学的義歯治療  (講義)
6月13日  先端歯科補綴学 安部倉  ブラキシズム  (講義)
6月15日  先端歯科補綴学 安部倉  ブラキシズム  (講義) 
  

6月20日 歯髄生物学  本山            審美歯科学  (講義)
6月20日 分子口腔医学・顎顔面外科学  岡本 顎顔面領域の症候群(講義)
6月22日 歯周病態学  藤田   Periodontal Medicine(講義)
6月27日 歯髄生物学  柴        歯内・歯周疾患 (講義)
6月27日 分子口腔医学・顎顔面外科学 谷  有病者に対する小手術の注意点(講義)   
6月29日 歯周病態学  水野 侵襲性歯周炎の検査の実際(講義)




歯科矯正学 谷本   歯科矯正学応用①(講義)

(7月の予定)
7月4日 歯髄生物学  土屋           臨床診断(歯内疾患)(講義)
7月4日 分子口腔医学・顎顔面外科学  吉岡  外来小手術 (講義)
7月6日 歯周病態学 武田 歯周組織再生 (講義) 
7月11日 歯科麻酔学 吉田充弘 Pain relief strategies (講義) 
7月11日 歯科矯正学 谷本幸太郎   顎変形症治療の診断と治療計画の立案①ー概要(講義・実習)  
7月13日 歯科矯正学 上田 宏  顎変形症治療の診断と治療計画の立案②ーセファロ分析演習(講義・実習)  




7月18日  歯科麻酔学 清水慶隆  Cardiopulmonary resuscitation (講義)
7月18日  小児歯科学 達川    (講義)
7月20日  歯科矯正学 加来真人  顎変形症治療の診断と治療計画の立案③ー診断分析演習(講義・実習) 
7月25日  歯科麻酔学 土井 充  Reality shock and mental health  (講義)
7月27日  小児歯科学 香西    小児の包括歯科医療 (講義)



課  題
研究室が3ないし6回担当(先端歯科補綴学のみ6回)して講義や実習を行う。各研究室の行う演習の中から1つずつテーを選び,その内容や自分の考えをレポートにし,提出すること。
 レポートは全て,2017年8月4日(金)までに世話教室の小児歯科学研究室・香西まで提出すること。レポートの形式は自由とする。但し研究室が独自で評価する場合は,その研究室に関わるレポート提出は課さない。


火 5・6コマ(12:50 −14:20)   6/6~7/25
火 7・8コマ(14:35-16:05) 6/6~7/18
木 7・8コマ(14:35-16:05) 4/13〜7/27

講義は第6講義室(B棟1F)
演習,実習については各研究室に事前に,使用教室,持ってくる物品などを尋ねておくこと。
 
教科書・参考書等 各講義,演習,実習ごとに必要に応じて資料が配付される
 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料等 
予習・復習への
アドバイス
使用教室,用意するものは各担当研究室,担当教員によって異なる可能性もあるため,事前に問い合わせておくこと。 
履修上の注意
受講条件等
開始時刻に遅れることのないように時間に余裕を持たせておくこと。
 
成績評価の基準等 出席,レポート,実習態度などを参考に評価する。  
メッセージ 本シラバスは2016年3月入力のため,計画通りにならないこともある。第一回目の授業でより正確な予定表を配布するので,そちらを参考にしていただきたい。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ