広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 歯学部歯学科
講義コード J1509030 科目区分 専門教育科目
授業科目名 国際歯科医学特論
授業科目名
(フリガナ)
コクサイシカイガクトクロン
英文授業科目名 International Future Dentistry with the Outcomes of Researches
担当教員名 藤井 万紀子,宿南 知佐,加藤 功一,栗原 英見,岡 広子,吉川 峰加,谷本 幸太郎,NGUYEN THI PHUONG THAO
担当教員名
(フリガナ)
フジイ マキコ,シュクナミ チサ,カトウ コウイチ,クリハラ ヒデミ,オカ ヒロコ,ヨシカワ ミネカ,タニモト コウタロウ,ヌーウィン テイ フーン タオ
開講キャンパス 開設期 5年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 月9-10:歯大講義室
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心:英語のみ
テレカンファレンスシステムを用い、広島大学とAirlangga University、 University of Medicine and Pharmacy at Ho Chi Minh city (UMPH)、 Khon Kaen University 更にUniversity of Sheffield と同時中継授業を行う。
広島大学、Airlangga University、UMPH そして University of Sheffieldそれぞれの大学の講師がオムニバス形式で授業を行う。
 
単位 1 週時間   使用言語 E : 英語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 歯学
対象学生 歯学科5年生の学生が対象。広島大学、Airlangga University (Indonesia)、 Khon Kaen University (Thailand), University of Health Science (Cambodia) そしてUMPH.
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 バイオデンタル教育の理念に基づいた、臨床科目から基礎科目にわたり最先端の研究内容についての講義をうけることにより、分子生物学、細胞生物学、などの基礎研究知識を利用した臨床応用への道筋を学ぶ。 
授業計画 第1回
Dental treatment and oral care for the elderly with swallowing disorders in Japan - Associate Professor Mineka Yoshikawa
第2回
Inviting lecture from Airlangga University
第3回
Inviting lecture from University of Medicine and Pharmacy at Ho Chi Minh city - Dr. Doan Minh Tri
第4回
Temporo-mandibular Disorders and Orthodontic Treatment - Diagnosis and Systemic Approach - Professor Kotaro Tanimoto
第5回
Novel Periodontal Tissue Regeneration "Cell Therapy and Cytokine Therapy" - Professor Hidemi Kurihara
第6回
Biological caries management in children - Professor Chris Deery (University of Sheffield)
第7回
Biodegradable Materials for Oral Tissue Engineering - Professor Koichi Kato
第8回
Reverse genetics and its implications for understanding integration of the musculoskeletal - Professor Chisa Shukunami 
教科書・参考書等 医学用語英和辞書、医学用語辞典、インターネット接続可能なコンピューター持ち込み可 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
特になし
 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 評価は、毎回授業終了時に回収する提出物の平均点を使用する。
日本語使用の学生の場合:
1. 講義開始前30分で、その日の講師が準備した要旨を日本語に和訳する(40点)
2. 講義に関連する問題に答える(50点)
3. コメント、感想など (10点)
英語使用の学生の場合:
1. 講義開始前30分で、その日の講師が準備したキーワードから一つを選択し、説明を行う(250 words)(40点)
2. 講義に関連する問題に答える(50点)
3. コメント、感想など (10点)

*講師の先生により、上記の評価内容・配点が変わる可能性があります。

各講義の平均点を算出し、以下の評価に使用します。
90 to 100 S
80 to 89 A
70 to 79 B
60 to 69 C
< 60 Fail


 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ