広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 歯学部歯学科
講義コード J1508170 科目区分 専門教育科目
授業科目名 歯周病態学演習・実習
授業科目名
(フリガナ)
シシュウビョウタイガクエンシュウ・ジッシュウ
英文授業科目名 Seminar and Practice of Periodontal Medicine
担当教員名 栗原 英見,松田 真司,藤田 剛,水野 智仁,岩田 倫幸,應原 一久,加治屋 幹人
担当教員名
(フリガナ)
クリハラ ヒデミ,マツダ シンジ,フジタ ツヨシ,ミズノ ノリヨシ,イワタ トモユキ,オウハラ カズヒサ,カジヤ ミキヒト
開講キャンパス 開設期 4年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 月5-6:歯第2講義室
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、ディスカッション、学生の発表 
単位 1 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 歯学
対象学生 第4学年
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
歯学プログラム
(実践的能力・技能)
・1.歯科医師として生涯にわたり学習する態度

2.口腔・顎顔面領域の疾患の予防・診察・検査・診断・治療を行うために必要な基本的態度 
授業の目標・概要等 歯周病の診断、治療に関係の深い代表的な項目に関しての詳しい知識を習得し、基本的さらには先端的研究理論、研究状況を理解する。 
授業計画 第1回 
第2回 口臭検査・口臭外来についての演習・実習(1)担当:應原
第3回 口臭検査・口臭外来についての演習・実習(2)担当:應原
第4回 侵襲性歯周炎の病態についての演習・実習(1)担当:水野
第5回 侵襲性歯周炎の病態についての演習・実習(2)担当:水野
第6回 歯周治療における感染対策についての演習・実習(1)担当:岩田
第7回 歯周治療における感染対策についての演習・実習(2)担当:岩田
第8回 特別講義(1)担当:栗原
第9回 歯周組織再生治療についての演習・実習(1)担当:岩田・加治屋
第10回 歯周組織再生治療についての演習・実習(2)担当:岩田・加治屋
第11回 歯周組織再生治療についての演習・実習(3)担当:岩田・加治屋
第12回 特別講義(2)担当:栗原
第13回 全身疾患を有する患者の歯周治療についての演習・実習(1)担当:藤田・松田
第14回 全身疾患を有する患者の歯周治療についての演習・実習(2)担当:藤田・松田
第15回 全身疾患を有する患者の歯周治療についての演習・実習(3)担当:藤田・松田 
教科書・参考書等 必要があれば、その都度指示します。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
各テーマの担当教官が授業毎に指示します。 
履修上の注意
受講条件等
授業内容はあくまで予定ですので、諸事情により変更する場合もあります。その場合は、変更が決まり次第連絡します。 
成績評価の基準等 毎回の授業、実習態度、レポートなどで評価し、総合的に判断する。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ