広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 歯学部歯学科
講義コード J1508030 科目区分 専門教育科目
授業科目名 衛生学・口腔衛生学実習
授業科目名
(フリガナ)
エイセイガク・コウクウエイセイガクジッシュウ
英文授業科目名 Basic Practice of Developmental and Environmental Oral Health
担当教員名 杉山 勝,鶴田 圭伊子,笹原 妃佐子,島津 篤
担当教員名
(フリガナ)
スギヤマ マサル,ツルダ ケイコ,ササハラ ヒサコ,シマヅ アツシ
開講キャンパス 開設期 4年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 水5-7:歯第2実習室
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、演習中心、板書多用、ディスカッション、学生の発表、野外実習、作業、薬品使用 
単位 1 週時間   使用言語 O : その他
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 歯学
対象学生 歯学科4年生
授業のキーワード 衛生学、環境衛生、公衆衛生学、口腔衛生学、予防歯科学、口腔保健学 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
歯学プログラム
(実践的能力・技能)
・1.歯科医師として生涯にわたり学習する態度

2.口腔・顎顔面領域の疾患の予防・診察・検査・診断・治療を行うために必要な基本的態度 
授業の目標・概要等 本実習にて、衛生学、公衆衛生学、口腔衛生学、口腔保健学の基礎と応用を学びます。 
授業計画 第1回 ガイダンス・環境(中水)
第2回 環境問題 -CO2排出量の削減を目指して-
第3回 環境問題
第4回 環境問題
第5回 食生活・栄養分析: 健康増進対策指針に照らして
第6回 食行動、咬合・咀嚼:(含統計学的検討)
第7回 口腔内歯科健診(DMF・CPI・OHI・歯垢染色・ブラッシング)
第8回 カリエスリスク検査・ブラッシング・フロッシング
第9回 フッ化物応用(フッ化物洗口、フッ化物歯面塗布)
第10回 歯科保健指導;歯学科・口腔健康科学科2年生
第11回 統計・健康の評価・学校歯科保健(媒体作成)
第12回 学校歯科保健(全体予行)
第13回 広島市立翠町中学校 歯科保健指導
第14回 歯科保健指導;報告書作成
第15回 歯科保健指導;報告書作成 
教科書・参考書等 初回ガイダンス時および実習毎に、資料を配布します。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
毎回,予習・復習すると理解が深まります。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 特段の理由のない限り,毎回出席すること。
必要に応じて口頭試問、レポートを課す場合がある。
成績は出席状況(授業中の態度を含む)、レポート、試験などを総合して評価する。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ