広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 歯学部歯学科
講義コード J1507130 科目区分 専門教育科目
授業科目名 歯髄生物学演習・実習
授業科目名
(フリガナ)
シズイセイブツガクエンシュウ・ジッシュウ
英文授業科目名 Seminar and Practice of Biological Endodontics
担当教員名 柴 秀樹,進藤 智,土屋 志津,鈴木 茂樹,本山 直世,小武家 誠司,永安 慎太郎
担当教員名
(フリガナ)
シバ ヒデキ,シンドウ サトル,ツチヤ シヅ,スズキ シゲキ,モトヤマ ナオヨ,コブケ セイジ,ナガヤス シンタロウ
開講キャンパス 開設期 4年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 金7-8:歯デンタルスキルスラボ2
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
実習 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 歯学
対象学生  
授業のキーワード 歯内療法・ラミネートべニア修復 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 保存修復と歯内療法に対する中級者向けの技術・知識修得を目的とする 
授業計画 第1回 器材配布,ラミネートベニア修復(ポーセレン間接法)
第2回 ラミネートベニア修復(ポーセレン間接法)
第3回 ラミネートベニア修復(コンポジットレジン直接法)
第4回 ラミネートベニア修復(コンポジットレジン直接法)
第5回 手用ファイルでの根管形成・側方加圧根充
第6回 手用ファイルでの根管形成・側方加圧根充
第7回 手用ファイルでの根管形成・側方加圧根充
第8回 Ni-Ti製シングルファイルによる根管形成・垂直加圧根充
第9回 Ni-Ti製シングルファイルによる根管形成・垂直加圧根充
第10回 Ni-Ti製シングルファイルによる根管形成・垂直加圧根充
第11回 Ni-Ti製シングルファイルによる根管形成・垂直加圧根充
第12回 歯内療法の最前線(マイクロスコープ,SAFファイル)
第13回 歯内療法の最前線(マイクロスコープ,SAFファイル)
第14回 感染根管治療
第15回 実習試験

試験 
教科書・参考書等 必要があるときはその都度紹介します。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
あらかじめ講義で得た知識を整理しておくこと。
実習帳及びステップ帳は常に持参すること。
髪、爪等も実際の診療を想定した望ましい状態にしておくこと。
 
履修上の注意
受講条件等
遅刻欠席に注意のこと。 
成績評価の基準等 実習終了時の筆記試験,実技試験,実習での製作物による技術的評価を総合的に判断する。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ